TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次 「ファミレスで再びクレーマーと化す」

加藤浩次 「ファミレスで再びクレーマーと化す」

2010.01.18 (Mon)
2010年01月15日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、デニーズでのクレーマーっぷりについて再び語られていた。話の発端は、リスナーからの「アメリカで、ハンバーガーの味が気にくわないとして店員に料金の返還を要求し、それが通らないと店で暴れ回った女性がいた」というニュースが投稿されたことだった。

以前、ファミレスでクレーマーと化した(加藤浩次 「デニーズでクレーマーとなる」)こともあり、そのリスナーから「最近はクレーマー行為をしていないか?」、と尋ねられていた。加藤はこれを受けて、「僕はクレーマーじゃないですよ。違いますよ。『コーンが少ない』って言っただけですよ」と話していた。

「コーンが少ない」というのは、加藤がサイコロステーキを注文したところ、サイドのコーンがいつもより少ない、と店員に言い出したことに端を発する。「どっちかって言うと、俺はコーンが食べたくてサイコロステーキを頼んでるからね」とまで言いだし、困った店員は、ボウルにコーンを入れて持ってきたそうだ。

加藤は、このデニーズに隔週のサッカー終わりに行っているそうだ。最近はどうしているのか、以下のように話していた。

「毎回、ボウルでコーンが出てくるようになった。俺らに付いてるウェイトレスまで出来ている。そのファミレスには、予約して行っているんだ、まぁ、10人くらいで行くからね」

「予約を忘れてて、慌てて電話すると『もう、来るなら早く電話して下さいよ。サッカーに来ているのは見えてたけど、今日、来るのかどうか、どうしようかと思ってたんですよ。もう、遅いから…でも、お席開けておきます』って、そのオバチャンのウエイトレスが言ってくれるようになった。スゲェ良いオバチャンだよ」

「コーンも、メニューにないけど、ボウルに入れて出してくれる。…最近なんだけど、サッカー仲間に料理店で働いているヤツがいるんだよ。俺らは毎回、唐揚げを頼むんだけど、そいつが『何か、いつもより焦げてませんか?黒いですよね』って言い出した。それで、『オバさん!ちょっと、この唐揚げ、いつもより焦げてない?ちょっと厨房に行って、いつも唐揚げを揚げている人かどうか、調べて来て』って言うんだよ」

「そうしたらオバチャンが戻ってきて、『いつもと揚げている人と違いました』って言って。そうしたら文句言い出したヤツが『でしょ?俺、料理やっているから分かるんだ』とかって言った。それで話が終わったんだけど、オバチャンが唐揚げを二皿、きれいに揚げたヤツを持ってきてくれた」

「もちろん、すいませんって言って、ありがたく貰ったんだよ。でも、その後輩がまた『これもまた、ちょっと、焦げてるな』って言い出して。でも、『それは止めろ!』って言ったの。オバチャンは多分、『唐揚げまで言い出したか』って思ってるだろうね」

「『加藤軍団に気をつけろ』って言われてるだろうね。いい大人が、三時間くらい居るんだから。ビール飲んで。ファミレスに、三万八千円くらい取られる。ビックリするよな、そんなにファミレスでいくんだって」

「俺はビールだけなんだけど、後輩はビールの後にワインとか飲んでるんだよ。ファミレスで。しかも、ワインにパンとか食ってるの。何、ファミレスでシャレてんだって話ですよ。汚ねぇジャージ着て行くんだよ」

「お店とのコミュニケーションとれてるんだよね。オバチャンもシフト終わりに『じゃあ、またね』って挨拶して帰ってくれるからね」と話していた。

【関連記事】
加藤浩次 「娘の運動会で批判される」

加藤浩次 「本番前にドン小西から迷惑電話」

加藤浩次が感動した 「矢沢永吉のエピソード」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 加藤浩次,デニーズ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:伊集院光「ボクのやりたいお笑い」

前の記事:加藤浩次 「高校時代の恩師に会いたくないワケ」