TOPたまむすび ≫ 町山智浩、トム・クルーズが憧れるジャッキー・チェンと彼自身との共通点を指摘「映画を全部自分でコントロール」

町山智浩、トム・クルーズが憧れるジャッキー・チェンと彼自身との共通点を指摘「映画を全部自分でコントロール」

2015.08.06 (Thu)
2015年8月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、映画評論家の町山智浩が、トム・クルーズと、彼自身が憧れるジャッキー・チェンとの共通点について語っていた。

ミッション:インポッシブル クアドリロジー
【Amazon.co.jp限定】ミッション:インポッシブル クアドリロジー ブルーレイBOX [Blu-ray]

町山智浩:(『ミッション・インポッシブル』の)今回、5作目なんですけども。タイトル『ローグ・ネイション』っていうのは、一般的に言われるのは「テロリスト国家」のことですね。

林みなほ:へぇ。

町山智浩:ですが、今回の『ローグ・ネイション』っていうのは、実は違っていて。色んな国のCIAとか、MI6とか、色々な国のスパイ組織から、死んだとか、辞めたとか、クビになったとか言われて消えてった人たちがグループを作って、金で雇われてテロを行うっていう、非常に凶悪なシンジケートを作っているっていう話なんですね。

林みなほ:はい。

町山智浩:それで、トム・クルーズ扮するミッション:インポッシブルチームが戦うっていう話なんですけども。今回、トム・クルーズ以上に活躍する人がいて。敵のシンジケート側にいる女スパイなんですよ。

林みなほ:はい。

町山智浩:イルザっていう名前で出てくるんですけど、敵か味方か分からない。「一体、何者なんだ?」っていうところで、ずっと引っ張っていく話になっています。

林みなほ:これまで、ヒロインも前4作出てますけど。今回、そのヒロインが活躍していく形なんですね。

町山智浩:今回は、このヒロインがほとんどヒーローみたいに出てます。トム・クルーズを、とにかく振り回しまくって。話の基本的な筋も、全部、この彼女がリードしていくんです。

林みなほ:へぇ。

町山智浩:この女優さんが、全くの新人なんですね。イギリスのテレビで、メロドラマみたいなものをやっていて。イギリス以外の国では、ほとんど知られてない人で。レベッカ・ファーガソンっていう女性です。

山里亮太:ほう。

町山智浩:でも今回、謎の女スパイ役で物凄い注目されているんですよ。

林みなほ:へぇ。

町山智浩:とにかく、トム・クルーズより強いんですよ、圧倒的に。カーチェイスとか格闘で、もう完全にトム・クルーズを凌駕するんです。だって、トム・クルーズが困っていると、助けに来るんだもん。

林みなほ:えっ?

町山智浩:毎回、毎回。どっからともなく。「どっちが主役やねん」っていう感じになってますけど。…トム・クルーズっていう人が凄いのは、こういう新人女優を見つけ出して、スターにするっていうことが好きな人なんですね。

林みなほ:ああ、なるほど。

町山智浩:前の奥さんのニコール・キッドマンもそうでした。ほとんどアメリカでは知られていない、オーストラリアの女優さんを引っ張りだして、自分の相手役にして。『デイズ・オブ・サンダー』っていう映画で、大スターにして。しかも、結婚してます。

デイズ・オブ・サンダー
デイズ・オブ・サンダー [Blu-ray]

山里亮太:なるほど。

町山智浩:シンデレラを見つけるというか、『マイ・フェア・レディ』みたいな感じですよね。そういうことを、どんどんやっている人で。このシリーズでも、ずっとやってます。たとえば、3作目のヒロインであるマギー・Qっていう人は、ジャッキー・チェンの事務所にいた人なんですよ。

林みなほ:アジア人女性ですえn。

町山智浩:中国系アメリカ人のモデルさんで。いきなり引っ張りだしてスパイアクションをやらせて、今はもう、アクションスターとしてテレビシリーズとかも持って、大スターになってますけども。

山里亮太:へぇ。

町山智浩:マギー・Qには会ったことがあるんですけど。「トム・クルーズって、どうですか?」って聞いたら、「ジャッキー・チェンとよく似てる」って言ってましたね。

山里亮太:どんなところが、似てるんですか?

町山智浩:「映画を、全部自分でコントロールする」と。「制作から何から何まで。アクションも全部、スタントなしで自分でやろうとする」と。それで、女優さんとかも引っ張りだして。

山里亮太:はい。

町山智浩:マギー・Qがテレビに出ていたところ、ジャッキー・チェンからいきなり電話がかかってきて。「俺のプロダクションに入れ」と。それで、いきなり「トレーニングやれ」と。女優経験もあまりなかったから、演技のトレーニングやらされるのかなと思ったら、そうじゃなくて、いきなりスタントをやらされたらしいですけどね。

林みなほ:へぇ。

町山智浩:今回も、レベッカ・ファーガソンというこの女優さんは、もうほとんどアクションの経験がないので、6ヶ月、徹底的にアクションの訓練を受けて。物凄い戦いぶりを見せてるんですよ。

林みなほ:トムよりも、凄い状態にならないといけないんですよね。

町山智浩:そうなんですよ。だから、その辺もジャッキー・チェンに凄くトム・クルーズは、よく似ているんですよ。

林みなほ:ああ。

町山智浩:身長も同じぐらいだし、普段、無地の黒Tシャツをいつも着ているところも、よく似てるんですけど(笑)結構、服装のセンスとか、全体的に似てるんですよ。会社の運営とか。

山里亮太:憧れているんですかね?

町山智浩:憧れてるんでしょうね。ジャッキー・チェンはもうアクションできなくなっているから、「今は、俺がやるぞ!」みたいなところ、あると思うんですよ。

【関連記事】
町山智浩、キング牧師の映画が50年もの間制作できなかったワケ「演説の著作権を遺族が管理している」

町山智浩、実写版『進撃の巨人』の脚本を担当した不退転の決意「この映画の企画は文字通りジャイアント・キリング」

町山智浩、『インサイド・ヘッド』の元ネタとなった監督と娘のエピソードを語る「転校して心を閉ざした娘」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,町山智浩,林みなほ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:田村淳、ツイッターで絡まれた53歳男性に直接電話をして説教「人のコミュニケーションとしておかしい」

前の記事:山里亮太、田中みな実アナに避けられていたと知り大ショック「ちょっとでも接点あると、ネタにされるからイヤ」