TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、高校野球でレギュラー以外の選手を貸した先の高校と対戦する事態に驚き「とんでもないこと起こりそう」

伊集院光、高校野球でレギュラー以外の選手を貸した先の高校と対戦する事態に驚き「とんでもないこと起こりそう」

2015.07.21 (Tue)
2015年7月20日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、高校野球で、レギュラー以外の選手を貸した先の高校と、貸した側の高校が地方予選で対戦することもあるという事態に驚いていた。

みうらじゅんの思春期こじらせバラエティ 青春カタルシス [DVD]

伊集院光:甲子園の予選が始まりまして。本当に知らないことがいっぱいある。高校野球の規則とかルールを意外に知らない。

俺は野球のことを知ってるつもりですよ。知ってるつもりですけど、それでも知らないことがあるなって思ったことがあって。俺が高校生で、高校の野球部にいた頃はなかったルールで、途中から「どうしても部員が少ない学校は、合同チームで出て良い」っていう。

部員が足りないチームが、他の部活の選手とかを、仮に一応登録して、寄せ集めチームで、出場するってことは、割りとあったんですよ。特に、統廃合になる高校とかあるじゃないですか。その最後の一年とかはいないから。実は、メインは柔道部の子が入ってる、みたいな学校は、俺らの頃からあったんですけどね。

後に、人数が足りない高校同士が、最初に登録して、合同チームで出るっていうのが出来るようになったのは、ここ10年とか15年だと思うんです。それで、「そういうルールができたんだ、面白いな」って思って。そういうのって、水島先生がまだ描いてないジャンルだなって思って、注目してたの。

お互い、6人しかいないチーム、5人しかいないチームにも、お互い、エースのヤツはいるわけで。「どっちがエースになる?」とかだって、絶対にあるわけじゃないですか。そういう意味では、「またドラマがありそうだな」って思ったんだけど。

その中で、今年初めて知ったんだけど。青森県の岩木高校が、人数が足りません。あと、弘前工業は、甲子園も出たことある学校で、マンモス校ですよ。弘前工業のレギュラー落ちしている部員を、岩木高校に貸して良いの?岩木高校のチームで登録して、合同チームで出して良いの?

それでしかも、岩木高校・弘前工業の連合チームが、弘前工業と予選で当たってるのね。凄くない?元々は、弘前工業がマンモス校だから、1年生の部員を、練習するのでもなんでも一緒にすれば良いじゃないって言って、岩木高校と親睦を深めていた、と。

その中で、3年生がほぼレギュラーになりますから、レギュラーじゃない1年生の子たちを、お貸しして、岩木高校の3年生にも思い出を作ってもらえば良いじゃんってことらしいんだけど、そこが当たるってなるとさ、とんでもないことが起こりそうでさ。

これって、いつからOKなの?全然知らないけど。これ、PL学園で清原の代で、あの桑田・清原がいるPLのレギュラーじゃなかった子たちっていうのは、ウチの学校に入れんの?ウチの学校のチームから出れんの?

そうなっちゃうと、ウチの学校のレギュラーが1人もいなくなっちゃうよね(笑)まあ、細かいルールや審査があるにしても、このルールは、スゲェなって思ってね。

【関連記事】
伊集院光、高校軟式野球大会・延長50回の試合に持論「延長54回でのくじ引き決着はおかしい」

伊集院光「高野連の花巻東・千葉選手へのカット打法禁止勧告は正しい」

伊集院光「開星高校・野々村直通監督に関するマスコミの態度」

伊集院光、大阪桐蔭と戦った八頭高校・西垣将喜の濃すぎる1日「捕手・投手の二刀流」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、高校野球の大阪予選でのノーシード制に反対意見「強豪校の控えや弱小校が活躍できる機会がない」

前の記事:伊集院光、新国立競技場のザハ案のような番組企画が会議の場では出てくると明かす「実現してこっちが怖くなる」

本日の注目記事