TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次 「娘がオカレモンJrに入りたがっている」

加藤浩次 「娘がオカレモンJrに入りたがっている」

2010.01.02 (Sat)
ノンちゃん雲に乗る2010年01月01日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、娘・小羽が芸能界に興味を持ちだしてきていることを明かしていた。話の発端は、先週の『吠え魂歌謡大賞』というゲストが歌った自分の一番お気に入りな曲で、リスナーからの投票を募るという企画だった。その放送を、加藤の妻・香織が聴いていたそうだ。

加藤は「香織がたまたま聴いててさ、『面白いね、遠藤さん。あれって、パターンなの?』って言ってた。ココリコの遠藤が、リスナーから罵倒されて怒るっていうのが面白かったみたいなんだよ。それで俺は『テメェ!パターンとか言ってんじゃねぇよ』って言ったけどね」

「(お笑いの)パターンとか気づく嫁はイヤなんだけどね。最近は、小羽(長女)も小学校二年になったから、凄いんだよ。めちゃイケとか観てる時に、『パパ、オカレモンJrって(公募は)何歳から何歳?』って訊いてきた」

そこから、娘がさらに以下のように芸能界への興味を持ちだしている、と語っていた。

「『5歳くらいから、小学校高学年くらいまでいるんじゃないかな』って答えたんだよ。そうしたら、小羽が『ふ~ん、(私は)入れないのかな?』って言い出して。ビックリしちゃって、俺は『お前、オカレモンJrに入りたいのか?』って言ったよ。慌てちゃって、『アレはな、厳しいオーディションとか勝ち抜いてきた子たちだから、簡単には入れないんだよ。練習とか大変なんだよ』って念を押しておいた」

「それだけじゃなくて、『パパあとさ、大橋のぞみちゃん…出てたよね、めちゃイケに。私、会いたいんだけど』って言い出したんだよ。『なんで会いたいんだよ?』って訊いたら、『可愛いんだよね』って言うんだよ。自分の年上のお姉さんに」

「そういう(芸能界に)興味を持ちだしているんだよ。イカン!って思ってさ、絶対に芸能界に入れたくないと思っているから。この世界なんか、絶対にダメだよ。だから、『大橋のぞみちゃんは、スッゴイ大変なんだぞ。分かるか?家でも好きな子とも出来ない。好きなお菓子とかも食べられない。太るからな。それが出来るのか?』って言っておいた」

「それだけじゃなくて『もうビンタはされるし、体は竹刀で殴られて、すごいスパルタだよ。それでポニョポニョ歌ってるんだよ。ポニョを歌うまで、どれくらい竹刀で叩かれてると思ってるんだよ。体、アザだらけだぞ』って言って、芸能界はとんでもない世界だって植え込んでるんだよ。殴られるまくるっていう風に言ってある」

「アイドルとか好きだって言い出したらイヤだろ。だから、もうバラエティ番組しか見せてない。芸人がやってる番組しか見せてない。アイドルは絶対に見せない。嵐とか出てたら、チャンネルを変えちゃう。ドラマも見せない。『小栗旬、格好良い』とか言い出すだろ」

「だから、バラエティ以外はサッカーとかプロレスとかしか見せてない。サッカーの録画した番組を見終わっても、見てないのに流しっぱなしにしたりしてる。そうやって阻止しているんだけど、それでも(芸能界に)興味を持ちだしてるんだよ」と話していた。

【関連記事】
加藤浩次、娘の運動会で悲しい目に遭う

加藤浩次 「娘の運動会で批判される」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 加藤浩次,大橋のぞみ,加藤小羽,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:伊集院光 「倖田來未の安売りが始まった」

前の記事:加藤浩次が感動した 「矢沢永吉のエピソード」

本日の注目記事