TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次が感動した 「矢沢永吉のエピソード」

加藤浩次が感動した 「矢沢永吉のエピソード」

2010.01.02 (Sat)
ROCK'N'ROLL2010年01月01日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、矢沢永吉のエピソードが紹介されていた。「新聞のインタビュー記事なんだけど、感動したわ…永ちゃんってさ、身内に騙されたじゃん(オーストラリアにおける、事務所元側近による巨額横領事件。34億円という被害だった)。その時の話をしていた」

「その当時、奥さんに『人を呪わば穴二つって言ってね、他人を恨めば、あなたも堕ちることになる。だから、恨むなんてことをせずに、あなたが働けばいいじゃない』って言われたそうなんだよ。それで、そこから34億円を7年間くらいで返済したんだってさ」

「インタビュー記事で、奥さんが良いこといってるなぁって思って。奥さんが、結構、ポイントを握っている。『YES MY LOVE』が出来たときも、色々あったらしいんだけど、奥さんが『これは本当に良い曲。絶対に売れるから』って後押ししてくれたんだって。それで世に出て爆発的に売れた」と語っていた。

このようなエピソードに関して、加藤は思うところがあったようだ。さらに、そこから以下のように語っていた。

「表に出てこない内助の功だよね。サッチーとか落合夫人とかじゃなくて、表に出てこない本当の内助の功ですよ。永ちゃんなら、一人で全部決めてやっているのかなぁって思ってた」

「俺は"隠れ矢沢ファン"だからね。好きだって、嫁にも言ってないから。俺ほど隠れファンなヤツはいないと思うよ」

「去年の映画で、『E.YAZAWA ROCK 』って映画があったけど、観に行っている。やっぱりスゴイね、永ちゃんは。リハーサルシーンとかも、全部自分で決めている。照明の位置とか当て方とか、せり上がりのタイミングもね。それで、歌い終わった後で、自分抜きのリハーサルを観客席から観ているんだよ。舞台監督もやっている。格好良いんだよ」

「年齢を重ねて、さらに良くなっている。弱いところも認めるようになっている。それがまた、良いんだよ。懐がデカくなってるんでしょ。映画では、若い頃のインタビューも流れていた。若い頃は尖ってたね。『金がないと』とか、『自分をスターと思っていないとやっていられない』とか言っている。それも格好良いんだけどね」と語っていた。

【関連記事】
加藤浩次 「オススメの映画がある」

加藤浩次 「ブルーマンにドキドキさせられる」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 加藤浩次,矢沢永吉,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:加藤浩次 「娘がオカレモンJrに入りたがっている」

前の記事:アンタ・柴田 「『動物好き芸人』を勝手に名乗るな」