TOP爆笑問題カーボーイ ≫ 爆笑問題・太田「誰よりも番組を終わらせてきた」

爆笑問題・太田「誰よりも番組を終わらせてきた」

2009.12.30 (Wed)
爆笑問題のススメVol.3 実はこんなトーク、カットしてました こわい女 編 [DVD]2009年12月30日の「爆笑問題カーボーイ」にて、爆笑問題が自分たちの番組の特徴について語っていた。話の発端は、「番組が終わったりしたときに、スタッフさんとかが『また同じメンバーで(番組を)やりましょう!』とかって挨拶をするけど、一度も実現したことは無い!」と田中が語ったことだった。

これを受けて、「俺らは一番、番組を終わらせている芸人だと思う」と太田は話していた。「俺らは、深夜番組なんかの細かい番組をやっていて、長寿番組がない。ビッグ3の人たちを見ていると、そんなに数はやってないのよ」

「俺らは深夜から何から、『やっては終わらせ、やっては終わらせ』だからね。一番、番組をやっている数は多いんじゃないかな」と話していた。

さらに、自分たちの番組の特徴について、以下のように語っていた。

田中は「そうなると、『もうアイツらには番組をやらせない』ってことになってもオカシクはないんだけど、やらせてもらえているんだよね。だから、そういう特徴があるんだよね。『アイツらはもうダメだ』って見放される場合もあるワケじゃない。でも、運良くやらせてもらえている」と話していた。

太田は「深夜からゴールデンまで、全部の時間帯に渡ってやってるから、たぶん一番、番組を俺らは終わらせているんだよ」と話していた。田中は「イヤなイメージだけどね。でも、全ての局で番組をやらせてもらっているからね。一時期、全部のチャンネルで番組をやらせてもらってた」と話していた。

だが、太田は自虐的に「全部、番組は終わった。一個も(番組が)当たらなかったな。どういうことなんだよ。短命なんですよ。だから、そういう意味じゃ面白いですよ。経験は色々としていますよ。打ち上げで『またこのメンバーで』っていうことを聞くことも多いですよ」と語っていた。

【関連記事】
爆笑問題・太田が語る「今と昔の若手芸人の違い」

爆笑問題「たけしの日本教育白書での舞台裏を語る」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 爆笑問題,太田光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題カーボーイ
次の記事:爆笑問題が見た「さまぁ~ず・三村にキレた大竹」

前の記事:爆笑問題・田中「自宅の『とんねるずの壁』その後」