TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、池上彰の番組にお笑い芸人が出演することの難しさを指摘「一切、笑いに変えられないパスが来る」

伊集院光、池上彰の番組にお笑い芸人が出演することの難しさを指摘「一切、笑いに変えられないパスが来る」

2015.06.30 (Tue)
2015年6月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、ジャーナリスト・タレントの池上彰の司会を務める番組に出演することに関して、「一切、笑いに変えられないパスが来る」と、お笑い芸人は難しい局面に立たされることがある、と語っていた。

池上彰の戦争を考える~戦争はなぜ始まりどう終わるのか~ [DVD]

伊集院光:俺、色んな人と共演してて、(真面目に話をしている人を、急に殴ったらどうなるかと)いつも思うもん。硬軟取り混ぜて、色んな番組あるじゃないですか。

今日も、池上彰さんの番組に出てましたけど、池上さんの番組って突然、一切、笑いに変えられないパスが来ますから(笑)

池上さんの番組に今日、チャン・カワイ君が来てたんだけど。チャン・カワイ君とかが、それはね、若手・中堅のお笑い芸人が振られても、どうしようもないのが来るんですよ。そういう時に、「惚れてまうやろ」って言ったら、どうなるかな、みたいなことは考えるんじゃないかな(笑)

俺も思うもん。何も悪いことしていない勝間和代さんの鼻の穴に、スポっと指を入れて、横にブルブルブル…ブワー!ってやったらどうなるかなって思って(笑)「はぁ?!」ってなるかなって。多分、痛いより驚くよね(笑)

何分くらい驚くかな。その後、ざわつくよね。俺が「ウッソーン」って言って、次のクイズの出題を待ったとするじゃん。どうなるかね(笑)でも、ブルっとするね。ちょっとブルっとする(笑)

【関連記事】
池上彰、『壁ドン』を分かりやすく解説「男性が極めて積極的に女性を追い詰める…」

池上彰が語る、朝日新聞の慰安婦問題での誤報とコラム不掲載問題の裏側

池上彰×荻上チキ、自民党による中立・公平な報道への要望書について「中立・公平な報道とは何か?」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,池上彰,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:SKE48須田亜香里、小学生の時に露出狂に遭遇したと告白「通り過ぎながらガン見しました」

前の記事:伊集院光、番組オーディションで女性タレントに優しくして泣かせてしまう「次の参加者たちが勘違いして緊張」