TOPたまむすび ≫ カンニング竹山、『月曜から夜ふかし』での桐谷広人さんのブレイクに喜ぶ「良かったね、桐谷さん」

カンニング竹山、『月曜から夜ふかし』での桐谷広人さんのブレイクに喜ぶ「良かったね、桐谷さん」

2015.06.30 (Tue)
2015年6月29日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00-15:30)にて、お笑い芸人・カンニング竹山が、日本テレビ系の番組『月曜から夜ふかし』でブレイクした桐谷広人について語っていた。

桐谷さんの株主優待生活
桐谷さんの株主優待生活 (単行本)

ニュース記事:生活費を株主優待券で賄う驚くべき生活スタイルがテレビ番組で紹介され、一躍有名人となった桐谷さんこと桐谷広人さんが、自身のブレイクのきっかけについて、「お笑い芸人のカンニング竹山さんのおかげ」と感謝を口にしていることがわかりました。桐谷さんは株主優待に関する本を書いたり、トークショーにサイン会と各所から今引っ張りだこなのだそうです。

カンニング竹山:良かったね、桐谷さん。

赤江珠緒:そうなんですか、竹山さんと。

カンニング竹山:『月曜から夜ふかし』という番組で、自転車に乗って、有名になった桐谷さんですけど。

赤江珠緒:2013年の頃。

カンニング竹山:うん、今から2~3年前かな。僕、自分の番組を、関西ローカルでMBSでやってたんですよ。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:株バラエティみたいな番組で、水着の女の子も出てきて。共同テレビさん制作の番組で、そのプロデューサーが連れてきたわけ。桐谷さんという人を。「この人、優待券で生活をしているおじさんで、元将棋の棋士です」と。

赤江珠緒:7段の方ですね。

カンニング竹山:そう、メチャクチャ有名なの。将棋の棋士で。色々なことがあって、将棋界からいなくなって、株の優待券で暮らしていたわけ。

赤江珠緒:はい。

カンニング竹山:それで、バラエティでいろいろ絡んでみると、凄い面白い。トンチンカンだけど、頭が良いし。

赤江珠緒:倒産した山一證券の社長の記者会見に対して、どう思ったか訊かれた桐谷さんが、「泣き虫だと思いました」と答えた、と。

カンニング竹山:「どういうこと?」と話を訊いたりしたら、山一證券の紙くずになった株券もメッチャ持っているし、掘れば掘るほど面白くて。

赤江珠緒:はい。

カンニング竹山:あと、水着の女の子と絡ませて、ボーリングをさせて。「桐谷さん、これスペアをとったら、水着の女の子を近くで見て良いですよ」みたいなことをやった時に、スペアをとってね。水着の女の子に近づいた時に、桐谷さんは、自分の生活で水着の若い女の子とかと会うの初めてだから、触って良いかと、いきなりオッパイを触ろうとして(笑)「ダメダメダメ」と(笑)桐谷さん「触ってはいけないんですよ」と言いながら(笑)

赤江珠緒:ははは(笑)現在65歳の桐谷さんなんですけど、竹山さんが「こんな面白い素人は初めて。スギちゃんの次にブレークする」と発言したことから。

カンニング竹山:当時ね、スギが流行っていたから。

赤江珠緒:徐々に知られるようになったと。

カンニング竹山:うん。

赤江珠緒:それをご本人もとても恩義を感じていらっしゃるようですよ。

カンニング竹山:桐谷さんに訊いたんですよ。「桐谷さん、とりあえずうちの番組に出て下さい」と「良いですか、テレビ」と言ったら「やったことがないから、とりあえず出てみましょうか」と。

赤江珠緒:はい。

赤江珠緒:それで、1回、サンミュージックに入るか入らないかまでって話が進んだけど、俺はサンミュージックに「やめておけ」と言って。「桐谷さんは、商売にしたらダメだよ。好きなようにさせないと」と言って。それで、「桐谷さん、テレビはやるんですか?やるんだったら別に何もできないけど、紹介したりはしますよ」と。桐谷さんは「人生で、そういう世界は見たことがないから、見てみたいですね」と。

赤江珠緒:今までとは全然別の世界ですもんね。

カンニング竹山:「じゃあ、紹介しますよ」ということで。当時フジテレビさんで中居君が『埋もれ人』か何か夜中にやっていて。

赤江珠緒:ああ、はい。

カンニング竹山:あそこのスタッフに紹介したんですよ。

赤江珠緒:ええ。

カンニング竹山:一緒に出て。そしたら、気に入られて『いいとも』も呼ばれて。それで桐谷さんは紆余曲折があって、結局、日テレさんに今、お世話になっているみたいですけど。

赤江珠緒:そうですか。

カンニング竹山:けど良かったです、桐谷さん。よくわからない生活をしていたおじさんが…こうやって、自分の好きなことできて。奥さんとかいないですから、独り身ですから。

赤江珠緒:そうですか。

カンニング竹山:いろいろ、楽しくロケをやらせてもらったりとか、若い人達と会って、桐谷さんはどんどん元気になって行くし。元々はすごく頭の良い先生だから。楽しいなら桐谷さんは良かったです。

赤江珠緒:はい。

カンニング竹山:まあ桐谷さんは元気で良かった。それで、こうやって活躍できるなんて、凄い。

赤江珠緒:うん。

カンニング竹山:逆に、僕も感謝してますよ。

【関連記事】
ロンブーのブレイクのきっかけとなった雨上がり・宮迫博之の提案「BINTAのコーナー、俺がやる予定だった」

土田晃之、R-1で優勝してもブレイクすることは困難だと指摘「やまもとまさみをお客が知らなかった」

出川哲朗、ブレイクのきっかけとなった『ウンナンのANN』へ感謝「誰も知らない自分のコーナーを作ってくれた」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : カンニング竹山,桐谷広人,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:伊集院光、Amazonによる一般人による配送を検討に指摘「『大家さんに預けました』っていうのと変わらない」

前の記事:カンニング竹山、ザキヤマの『大逆転裁判』CM発表会での暴露に怒り「デリカシーの欠片も無い」