TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、広瀬すずの炎上したスタッフ軽視発言について擁護「17歳くらいの子に言われたって、腹も立たないよ」

伊集院光、広瀬すずの炎上したスタッフ軽視発言について擁護「17歳くらいの子に言われたって、腹も立たないよ」

2015.06.23 (Tue)
2015年6月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、女優・広瀬すずの"スタッフ軽視発言"での炎上について言及し、広瀬を擁護していた。

広瀬は、18日放送のフジテレビ系の番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』にて、音声スタッフなどが「どうしてその職業を選択したのか分からない」という趣旨での発言を行い、スタッフを軽視・見下していると、その発言での問題を指摘されていた。

広瀬すず1st写真集「suzu」
広瀬すず1st写真集「suzu」 (TOKYO NEWS MOOK)

伊集院光:ウチの近所の中華屋があって、そこが美味くも不味くもない。とても良い…ああ、飽きのこない味だ(笑)俺、表現を覚えたんだ。飽きのこない味だね(笑)

ガラスの向こうのスタッフは、お前、何度言っても覚えねぇなっていう顔をしてますけど(笑)「美味くも不味くもねぇ」とか、「良い意味で美味しくねぇ」とかばっかり言うよな、みたいな(笑)

特に、ミキサーの岡部がそんな顔をしてましたけど。言っておきますけど、僕は大人になる肯定の中で、ミキサーという仕事につく、そのツマミを上げたり下げたりしながら、何言ってんだか分からない、バカみてぇな話をしてるヤツの声を大きくしたり、小さくしたり、風呂で喋ってるみたいにしたりしなかったりとかみたいな。そういう仕事につく人の気持ちが、全然分かんないですよ(笑)

なんでなるのかっていうね(笑)なんでなるのかってことですよ。ツマミが好きなんですかね?色んなものを摘んだ結果、「これだな」なんつって(笑)でも、この時点で、ミキサーの岡部氏が全然ツマミを下げていかないじゃん。

本当に広瀬すずが嫌いだったら、照明落としちゃえば良いんだもん。あと、いわゆる、音声さんが音を録る棒があるじゃん。それで顔をガンってやって、「あ、すみません」って言えば良いじゃんね(笑)思いっきり突いて(笑)

言わないんだから。本人たちは、「まあまあ、小娘の言ってることだから。大人になったら分かるでしょ」みたいな話じゃないの?正直な話で言えば、俺、17~8でこの世界に入ってるから、最初に、ディレクターとアナウンサー以外で、局に志望で入ってくる人って、やっぱり分かんなかったよ。

「伊集院さん、テレビの方がギャラも良いし、凄い有名になれるのに、なんでラジオなんですか?」って言われたら、「それは色々あるよ」しかないよ(笑)17歳くらいの子に言われたって、腹も立たないよ、全然。

そんなもん、自分の持ってるなんとか(世間に)許してもらえる能力の中で、色々展開していって、落ち着くところがここ、っていうこともあるわけで。もちろん、なりたくてなる部分もあるけど、それは17の子に分からないよ。

もっと言うと、職人のオッサンたちは、そんなの慣れっこだから。「そりゃ、お嬢ちゃんたちには分かんないよね」ってことだし。もっと言えば、ある意味、あの子の(仕事の価値が分かっていませんよ、という意味での)謙遜みたいなもんじゃん。お嬢ちゃんの言ってることとかに、「お嬢ちゃんが思ってるより、価値があるからオッサンたち頑張ってるんだよ」ってところだからさ。悪くないじゃん。

ああ…俺のこと好きになってくんねぇかな(笑)できれば、お姉ちゃんの方が(笑)お姉ちゃんだけ、一回だけ会ったんだよな。お姉ちゃん、『オモクリ監督』で一回会ったけど、綺麗だったんだよなぁ、お姉ちゃんの方が(笑)

出ました、誰にも好かれない解決と、どこに行ったんだ、地味な中華屋の話っていう(笑)美味くも不味くもねぇ中華屋の話、どっか行っちゃったじゃねぇか。よっぽど、「美味く不味くもねぇ中華屋」って言われた方が、テレビ局の音声さんより怒るわ(笑)

【関連記事】
土田晃之、広瀬すずと乃木坂46・斎藤ちはるに好印象を持っていると語る「良い子ですよね」

ハライチ澤部、アンガ田中とロッチ中岡が結婚したい相手に16歳の少女「広瀬すず」を最初に挙げて驚く

ナイナイ岡村、15歳の『ゼクシィ』CM出演の少女・広瀬すずに「好きかもしんない」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,広瀬すず,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、ドラマ『天皇の料理番』が面白いと語る「倍速再生をやめさせるくらい、ドラマの力があった」

前の記事:土田晃之、雑誌の原稿チェックをしないため誤った情報がそのまま掲載されたと明かす「日本映画学校卒になってた」