TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、女芸人が実感したというAV男優と一般男性の違いに驚き「プロは、あることを事前に確認してくる」

伊集院光、女芸人が実感したというAV男優と一般男性の違いに驚き「プロは、あることを事前に確認してくる」

2015.06.16 (Tue)
2015年6月15日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00-27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、自ら企画・ディレクション・編集などを手がける番組を制作することになり、その番組に出演する女性タレントのオーディションで、興味深い話を聞いたと語っていた。

ファミ通と僕 2000-2002
ファミ通と僕 2000-2002 (ファミ通BOOKS)

伊集院光:(オーディションに)1人、女芸人で「とにかくセッ○スが好きです」と。「この間、合コンでAV男優の人が来るって聞いて、どうにか食われたいって思いまして」と(笑)「どうにかお手合わせしたいと思って、頑張って、食われました」って話をしてて。

「そしたら、やっぱりプロは違うんですよね」って。「アマとプロで、全然違うところがあるっていうのが分かりました」って言うのね。その段階で、「へぇ」ってこっちは思うけど、女のスタッフや、横に並んでる女の子は、「どこが違うの?」って食い付き方がもう、その温度が全然違うんですよ。

「凄いシリコンを胸に入れてる女とヤったんだ」って言われたら、「どうなの?固いの?揉んだ感じ、どうなの?」みたいな。「赤ちゃんのアルマジロみたいな感じ?軟球くらいの大きさのアルマジロみたいな感じ?」って(笑)

男の方は、それに食いつくじゃん。それと同じで、女の方はAV男優のエッチってどんな感じなのって、その食い付き方が、まさに俺たちのヒーローみたいな感じなの。

聞いてて面白かったんだけど。俺たちは、「アソコがデカければ良いんだろうな」とか思うんですけどね。あとは、カントンじゃない、とか。そういうことだと思うじゃん?普通。普通はカントンなんだけど(笑)

その女芸人が言ってたのは、「ヤるのにあたって、確かめてくることがある」と。お互い、一回こっきりだって分かってるわけじゃん。それは経験したいわけだから。「何時までいれる?終電で帰るの?明日の朝までいるの?」って、まずは時間確認をしてくるんだって。

時間確認をした上で、その時間に出すタイミングをきちんと合わせてくる」と。要は、終わって手持ち無沙汰で、一回限りの相手なのに、延々と話をしてなければならない、みたいな状態にはさせない、と。「終電で帰ると思ってたら、朝までいるんだとすると、話す時間長いな」みたいなことや、その逆もあるじゃないですか。

ちょっと、感心しちゃわない?「深イイ」ってならない?(笑)その時の、女性陣の食い付き方みたいなのを見てると…分からないよ、ましてや下ネタだから。男が女性にやってもらいたくない下ネタってあるじゃん。男も女も、人前ではそんなこと言わない方が良いって下ネタあるじゃん。

その中に、男はちょっとイヤだけど、現実見たくないけど、女同士からしてみたら、スゲェ食いつくっていうネタは、世の中に存在するなっていう面白さがあって。

【関連記事】
オードリー・春日「過去のAV出演について語る」

千原ジュニア、トップAV男優が最もキツかった作品に驚き「平均年齢65歳・5人の超熟女との作品」

千原ジュニア、トップAV男優同士の高過ぎるレベルでの戦いに感服「鼓膜が破れて…」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、「女に嫌われる女」の存在がハッキリと分かったと語る「これは特殊能力だ」

前の記事:伊集院光、女芸人・紺野ぶるまの下ネタ謎かけのレベルの高さに驚き「スゲェ難しい芸事をやってる」