TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、今いくよの訃報に寄せて思い出を語る「会えば、物凄い褒めてくれはった。優しい姐さん」

明石家さんま、今いくよの訃報に寄せて思い出を語る「会えば、物凄い褒めてくれはった。優しい姐さん」

2015.05.31 (Sun)
2015年5月30日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、28日に胃癌で亡くなった、漫才コンビ 今いくよ・くるよの今いくよとの思い出について語っていた。

昭和の名コンビ傑作選 4 今いくよ・くるよ/西川のりお・上方よしお: DVD付きマガジン よしもと栄光の80年代漫才 (小学館SJ・MOOK)

明石家さんま:今週、我々の仲間の人が、どんどん亡くなられてね。今井(雅之)君も、亡くなってしまって。若いのにね。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:今いくよ姐さんも亡くなってしまい。やっぱり病気でね。どちらも癌ということで。今いくよ・くるよ姐さんなんて、18歳から世話になってね。

飯窪春菜:ああ。

明石家さんま:最初、くるよ姐さんがね。俺が弟子の時に、ブラジャーの後ろの方がポコンって盛り上がってたんでね。俺は弟子ながら、失礼ながら…でも、「さんまちゃん、さんまちゃん」って可愛がってくれてたから。「すみません、姐さん。ブラの後ろが丸くなってますけど」って言ったら、「固結びやねん」って。

鞘師里保:ふふ(笑)

明石家さんま:「は?何が?」「固結びしてん」「何でですか?」「一昨日、切れてん」って。

飯窪春菜:一昨日?(笑)

明石家さんま:「え?一昨日?」「言わんとってな」「はい、分かりました」って(笑)「だから、舞台出てる時に横向いたらバレるから、正面向いて出ようと思ってんねん」っていう。それが最初の。

鞘師里保:ふふ(笑)衝撃(笑)

明石家さんま:女性に、ブラのことを言ったら失礼かなって思って。でも、舞台に今から出はるから、なんぼなんでも、ペーペーの俺でも、こんがらがったらアカンなって思って。

鞘師里保:はい(笑)

明石家さんま:「あ、ありがとうね」って会話で終わると思ったら、「切れてん」って。肩のヒモのところが切れるって、珍しいよね、ブラジャーで。

鞘師里保:ないですね(笑)

明石家さんま:凄い着てはったんかな。

飯窪春菜:一昨日も着てたんですもんね?(笑)

明石家さんま:頻繁に着てたんかな(笑)っていうのがあってね。いつもいつも、いくよ・くるよ姐さんと会うと、絶対に褒めてくれはるんです。どんな芸人さんとか、他の仲間には、会えば物凄い褒めてくれはるんです。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:褒めてくれはるというか、いくよ・くるよさん節。俺がコート着てて、ちょっと襟を立ててた時があったんです。その時に、「あらぁ、さんまちゃん。霧のロンドンブリッジやんかいさぁ」って。ワケの分からん(笑)

鞘師里保:はっはっはっ(笑)

明石家さんま:ワケ分からんでしょ。

飯窪春菜:基準が分からない(笑)

明石家さんま:『霧のロンドンブリッジ』って映画があるんですけど、その映画の主役が、襟を立ててるだけなんですけどね(笑)

飯窪春菜:ああ。

明石家さんま:「いやぁ、霧のロンドンブリッジやんかいさぁ」って言ってくれる。それで、ちょっとでも週刊誌に載ると、「いやぁ、さんまちゃん、好色一代男やで」って。もう、ワケわからんでしょ(笑)けなしやんか。

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:何か行動すると、「右足に上がりがエエやんかいさぁ」って。

鞘師里保:全部褒めてくれるんですね。

明石家さんま:ええ。だから、いつも若い時ながら、いくよ・くるよ姐さんに会うと、何か言ってもらえるのが楽しみで。

鞘師里保:ええ。

明石家さんま:去年の新幹線で、斜め前にいくよ・くるよ姐さんが座ってらして。そこで喋ったのが最後になるんですけども。

鞘師里保:はい。

明石家さんま:その時は、俺がジャケット着てたんで。「愛知の部長やんかいさ」って言っていただきましたけども。

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:「ありがとうございます」って言うて。毎度、舞台とかやると、毎度、水を差し入れしてくれたり。

鞘師里保:優しい。

明石家さんま:優しい姐さんなんですけどね。とりあえず、坂田師匠が骨折で入院し、今井君が亡くなり。そして、今いくよ・くるよさんのいくよさんが亡くなり。自分の年齢を考えるようになり。そして、ショージが60を迎え。ショージも去年、大病を患い。大丈夫かなって思って。

鞘師里保:ええ。

明石家さんま:俺もイヤになってきたわ、60歳を迎えるのが。

【関連記事】
明石家さんま、島田紳助と一緒の営業で大失敗した若手時代「物凄いバカにされ、それがバネになった」

明石家さんま、つんくが喉頭癌治療で声を失ったことに同情「俺らには計り知れないショック」

明石家さんま、故・愛川欽也との『なるほど・ザ・ワールド』でのやりとり「答え知ってても言いまへん、私ら」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,今いくよ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、力を抜く捨て仕事を作ることの大事さを語る「若い頃、吉本の舞台を休憩にしてた」

前の記事:明石家さんま、今田耕司が佐々木希とアンジャ渡部の交際報道に大ショックだったと暴露「大人の恋愛をしようと…」