TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林、今までで一番緊張した番組は『人志松本のすべらない話』だった「心臓の音が普通に聞こえてきた」

オードリー若林、今までで一番緊張した番組は『人志松本のすべらない話』だった「心臓の音が普通に聞こえてきた」

2015.05.24 (Sun)
2015年5月23日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、今までで一番緊張した番組は、フジテレビ系の番組『人志松本のすべらない話』であったと語っていた。

人志松本のすべらない話 10周年Anniversary完全版
人志松本のすべらない話 10周年Anniversary完全版 【初回限定パッケージ】 [DVD]

若林正恭:先ほど、フジテレビで『IPPONグランプリ』がありまして。それを観てから、ラジオを聴いてる方も多いと思いますけど。

春日俊彰:うん。

若林正恭:まあ、私は予選3位という、応援してくださった方は、ブチ切れてるかもしれませんけども。今日が本当に、収録で良かったなぁって。これが生放送だったら、帰る時にね、出待ちに生卵をぶつけられたかもしれませんからね。

春日俊彰:王監督みたいにね。

若林正恭:水曜日の収録で良かったなぁって思ってるんですけど。本当に不甲斐ない結果で、申し訳ないと思ってるんですけど。

春日俊彰:うん。

若林正恭:5年ぶりに出たんですよ。

春日俊彰:あら、お久しぶりです。

若林正恭:もうね、5年前の俺、どんな感じで出てたのかなって思って。

春日俊彰:うん。

若林正恭:5歳若いわけですからね。

春日俊彰:まあ、5年ぶりだからね。

若林正恭:スゲェな、5年前の俺って。準優勝してんだよ。

春日俊彰:2010年か。

若林正恭:31歳くらいでしょ。

春日俊彰:テレビ出始めて、1年ちょっとで出たってことだ。

若林正恭:5年前の俺に、頭が上がらないくらい緊張してたんですよ。

春日俊彰:ふふ(笑)

若林正恭:俺、5年前、こんなに緊張してないなってくらい。

春日俊彰:それはなんでなの?

若林正恭:分かんないんだよ。

春日俊彰:だって、最初出た時の方が緊張するでしょ?

若林正恭:そんなに緊張してる記憶はない。『すべらない話』は、人生で一番緊張した記憶があるの。

春日俊彰:最初に出た時?

若林正恭:心臓の音が、普通に聞こえてきたんだから。

春日俊彰:へぇ。

若林正恭:「ドン、ドン、ドン」っていうのが。もう、ヘッドホンで聴いてるみたいに、心臓の音が聞こえてきたんだから。

春日俊彰:ああ。クラブか、と。

若林正恭:「あれ?SE流れてんのか?」って。

春日俊彰:天井見ちゃうくらい?(笑)

若林正恭:俺、人生で一番緊張したのは、『すべらない話』で。

春日俊彰:でも、それと同じくらい緊張するんじゃないの?だって、最初の『IPPONグランプリ』よ。

若林正恭:こう言っちゃなんだけど、大喜利が好きだから、楽しみだったんだと思う。

春日俊彰:なるほどね。

若林正恭:あとね、先輩たちに勝てるわけないって思ってたから、気が楽だったのかもね。若手っていう扱いだったのかもしれないし。レジェンドたちと大喜利できるのが、楽しみだったのかもしれない。

春日俊彰:変な気負いもないし。爪痕残そうとか。

若林正恭:ない、ない。何もないよ。

春日俊彰:「上手くやらなきゃまずい」とかね。そういうのがなくて、楽しみって方が勝ってたんだ?

若林正恭:今回は、完全に萎縮してました。

春日俊彰:ふふ(笑)5年前と今回は、何が違ったの?

若林正恭:なんだろうなぁ…自分でも解明できないくらい緊張してて。前日から緊張してたんだよね。

春日俊彰:へぇ。

若林正恭:前の日の10時頃に。「もう緊張してる」って。心臓が、ドキドキ、ドキドキしてんのよ。

【関連記事】
有吉弘行、IPPONグランプリ出場を今後辞退する可能性を示唆「若手でやった方が楽しそう」

バナナマン「ハリセンボン春菜のIPPONグランプリの反響」

千原ジュニア、『IPPONグランプリ』への熱い思い「どれだけこの番組が好きか」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,若林正恭,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:オードリー若林、『IPPONグランプリ』収録中に極度の緊張で腰が抜けていた「誤魔化しのきかないメンバーの中で…」

前の記事:オードリー若林、バイク川崎バイクに「不憫な人」と思う理由「何年『ブレイク間違いなし』芸人って言われてるんだ」