TOPオードリーのANN ≫ オードリー若林、ノンスタ井上の『アメトーーク』での隙だらけなトークに「それが凄い。尊敬している」

オードリー若林、ノンスタ井上の『アメトーーク』での隙だらけなトークに「それが凄い。尊敬している」

2015.05.17 (Sun)
2015年5月16日放送のニッポン放送系のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(毎週土 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・オードリーの若林正恭が、テレビ朝日系の番組『アメトーーク』の「マイナス思考芸人」に出演したところ、まるっきり反対なポジティブ思考の芸人として、NON STYLE・井上裕介が番組後半で登場し、その隙だらけなトークに対し、逆に「凄いなと思った」と好ましい印象を抱いたと語っていた。

【日めくり】 まいにち、ポジティヴ!  (ヨシモトブックス) ([実用品])

若林正恭:『アメトーーク』で、「マイナス思考芸人」っていうので出てさ。俺と村本くんと、升野(バカリズム)さんと、ブラマヨ吉田さん、(森三中)黒沢さん、日本エレキテル連合・中野さんってメンバーだったんだけどさ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:『アメトーーク』って、凄いよね。日本で一番、芸人が出て行って「キャー!」って言われてるところだと思うんだけどさ。

春日俊彰:ああ。

若林正恭:『アメトーーク』のファンの方が来てて、観てるから、それぞれの芸人の面白かったトーク回の記憶を思い出してくれるのか。凄い迎えてくれるよね。

春日俊彰:うん、それはあるんじゃない?

若林正恭:前説の方も凄いからだと思うんだけど。

春日俊彰:うん。

若林正恭:それで、やっぱり凄いなぁって思うのは、マイナス思考の話を、それぞれの角度で話すじゃん。それで終わる番組って多いのよ。こういう企画、『アメトーーク』が最初にやったと思うんだけど、他の番組も、真似してやるじゃん。

春日俊彰:括ってね。

若林正恭:でも、やっぱりマイナスな話をしただけで終わるのよ。でも、みんなで一通り、マイナスな話をした後に、ノンスタの井上が出てくるんだよね。

春日俊彰:ほう。

若林正恭:そこで一回、展開というか裏返るじゃん。超ポジティブ人間が出てきて。そういうの凄いなぁって思って。

春日俊彰:なるほどね。

若林正恭:人見知り芸人の頃は、自分のことで精一杯だから、ザキヤマさんが最後に出てきたんだけど、その仕掛けの凄さがまだ分かってないっていうのがあったんだけど。

春日俊彰:うん。

若林正恭:人見知り芸人の時は、ザキヤマさんが出てきて、ザキヤマさんはさ、本当にああ見えてしっかりしてる人だから、隙がなく、それまで人見知りっていうことを喋ってきた人たちが受け身をとるような感じで終わるんだけどさ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:井上くんはさ、話し始めた途端に、隙が凄いんだよね。

春日俊彰:ふふ(笑)どういうことよ?(笑)

若林正恭:でも、俺はそれが凄いと思うんだよ。井上くんって。本当に尊敬してるから。

春日俊彰:うん。

若林正恭:隙が凄いのよ。出てきて、振りかぶり方が凄いの。野茂みたいに、背番号がバッチリ見えるくらいトルネードの背中が見えてて。投げてくるぜって感じだけど、片脚がぐらついてんの(笑)

春日俊彰:体幹が(笑)

若林正恭:そうそう(笑)出てきて、「行きまっせ」みたいな顔してて。「もう、意味分からんっすわ。マイナス思考の人の話聞いてて。なんでそんなこと考えてんの?」みたいな。トルネードが始まってるんですけど、もうグラグラで(笑)

春日俊彰:ふふ(笑)

若林正恭:それで、いつそのグラグラを、こっちはスライディングしていけば良いかなってだけよ(笑)考えてることは(笑)

春日俊彰:ああ、なるほど。倒すタイミングだけだ。

若林正恭:そうそう。俺と升野さんが、前列の良サイドで。升野さんとも、色んな番組やらせてもらってるから、お互い、「このまま終わるわけがない」っていう共通認識で。俺は一方的だけど感じてて。

春日俊彰:うん。

若林正恭:どこでそのグラグラを…イノグラというか、井上のグラつきをさ(笑)

春日俊彰:うん(笑)

若林正恭:井上という男は凄いな(笑)明るいよな。

春日俊彰:うん。

若林正恭:「なんでもポジティブに捉えられる」って言い始めるのよ。もう、そんなの全然ウソじゃん(笑)

春日俊彰:まあね(笑)

若林正恭:だって、M-1で優勝して嬉しかった、と。下積みがあるんだけど、ずっと楽しくて優勝したら、別に優勝の感動ってないはずじゃん。振りがないから。

春日俊彰:そうだね。

若林正恭:そういうある種の疑問を投げかけると、「いやいや、それは河川敷で稽古してる時も楽しかったし、M-1で優勝したのも良かったし」って。それで、そこからはカットされてるんだけど、俺は、その話の後に、次の追い込みにいくストロークで、「井上さん、『ロッキー』を観たことありますか?」って。

春日俊彰:うん。

若林正恭:「『ロッキー』は、チャンピオンになる前の苦労があった。あの酷い目にあってるボクサーが、勝つからカタルシスがある。でも、井上さんは、凍ってる牛肉を叩いてるところから、『めっちゃエエやん』って思ってるってことですよね?」って。

春日俊彰:うん。

若林正恭:「それおかしいでしょ」って。「チャンピオンになったのは、みんな嬉しいって思うけど、ボロボロのバンテージ巻いて、ボロボロのスウェットを着て、『めっちゃエエやん』って思ってないと、さっきの主張はおかしいですからね」って話の流れもあって。そこでも、ニコニコして、派手な受け身とってくれんのよ(笑)

春日俊彰:ふふ(笑)

若林正恭:「肉叩いてる時から、『めっちゃエエやん』なんて思ってたら、俺、おかしいやん」「それが、さっきあなたの言ってたことですよね」みたいな話があってさ。

春日俊彰:うん。

若林正恭:井上くんは、確かに接してると根明な感じがするし。

春日俊彰:うん。

若林正恭:本当に根明なのか、酒を飲んでまで確かめてみたいって欲は、俺にはないんだけど。

春日俊彰:なるほど(笑)

【関連記事】
南キャン・山里「オードリー若林がネガティブを脱した方法」

オードリー若林、ライブ後の楽屋挨拶で使う手をバカリズムの前で明かし「それ、僕のライブでやってた」と指摘される

バカリズム、全く活躍しなかった女性タレントが番組出演後に衣装写真をSNSへ掲載することに疑問「死に装束」

ウーマン村本、『アメトーーク』で番組名を『ロンハー』と間違える珍事「今、終わったと思ってます」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : オードリー,若林正恭,井上裕介,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  オードリーのANN
次の記事:ビートたけし、浅草キッドとの襲名問題でのプロレスを真に受けたファンに慌てた過去「浅草キッド、始末する」

前の記事:明石家さんま、小倉優子が「こりん星キャラやめたい」と悩んでた様子を語る「社長、こりん星を爆破して」