TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次 「息子の仮病に振り回される」

加藤浩次 「息子の仮病に振り回される」

2009.11.28 (Sat)
極楽とんぼのテレビ不適合者 上巻~民放各局に拒否され実現できなかった企画集編!~ [DVD]2009年11月27日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、本番前にあった出来事について語られていた。「いつもみたいに、本番前に仮眠とろうかと思ってたの。そうしたら、香織(奥さん)に起こされた」と話していた。

「『何だよ』って訊いたら、『快晴(長男、二番目の子供)が、インフルエンザかもしれないの』って言ってな。それで『なんだ?調子悪いのか?』って快晴に訊いた。そうしたら、『うん、調子悪い』って言うんだよ」

「それで『インフルエンザか?』って訊いたら、『うん、インフルエンザ』って、快晴が言うんだよ。あんな子供もインフルエンザって知ってるくらい、浸透しているんだな。…今、ものすごい新型インフルエンザが流行ってるじゃん。小羽(長女、一番目の子供)と快晴の学校も、インフルエンザで学級閉鎖になってるんだよ」

そこから、以下のようなことがあったそうだ。

「だから、『心配だから、救急病院連れてけ』って言って、行かせた。そうなると、あとの子供の面倒は、俺がみなけりゃダメじゃん。小羽と清風(次女、三番目の子供)、あと香織の姉ちゃんの子供も来ていて、三人の子供の面倒をみなくちゃならなかった」

「姉ちゃんの子供はまだ乳児で、泣きだしちゃって…抱くと少し泣き止むんだけど、寝かせるとまた泣くんだよ。そんなことを、2時間くらいやってたの。ミルクを与えようとしても、『そうじゃねぇ』って顔で拒否されるし。大変だったよ」

「そんなことをしてたら、快晴と香織が帰ってきた。快晴は帰ってくるなり、『腹減った』とかって言うの。それで『どうだった?』って香織に訊いたら、『何ともなかった。インフルエンザの検査も陰性で、インフルエンザじゃなかった』って言うんだよ」

「『どういうことだよ?』って言ったら、『快晴、お姉ちゃんの子供が来ていて、構ってもらえないのがイヤで、構って欲しくてインフルエンザだってウソついたんだって』って言うんだよ」

「それで、俺キレてな、『俺の二時間、返せ!』って言ったよ」と話していた。

【関連記事】
加藤浩次「長男・快晴の奇行に悩む」

加藤浩次に、長男・快晴が浴びせたショックな一言


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 加藤浩次,インフルエンザ,加藤快晴,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:友近が語る 「庄司智春と藤本美貴の結婚パーティー」

前の記事:加藤浩次 「思い切り放送禁止用語を言う」