TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、オードリー若林の単独トークライブに触発される「この男、面白いことをやろうとしてる」

山里亮太、オードリー若林の単独トークライブに触発される「この男、面白いことをやろうとしてる」

2015.05.07 (Thu)
2015年5月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、3日に草月ホールで開催されたオードリー・若林正恭の単独トークライブ「若林正恭のLove or Sick」を観に行った感想について語っていた。

社会人大学人見知り学部 卒業見込
社会人大学人見知り学部 卒業見込 (ダ・ヴィンチブックス)

山里亮太:日曜日に、オードリー若林くんのライブがあって。初めてのソロライブで。コンセプトがあって、若林くんがカウンセリングを受けに来て、観客をお医者さんに見立てて、そこに独白していく、みたいな内容で。

その内容が、もちろんお笑い要素で面白いエピソードトークもあるけど、その思想。お笑いに対する意識とか、自分の今いる立場・周りの環境に対して、自分の戸惑ってることとか。凄い吐露するライブで。

なんて言うんだろうなぁ。「この男、面白いことをやろうとしてる」っていう。それを分かりやすく感じられるライブで。スゲェなぁって。

ただ単に、面白いだけのライブじゃないのを作り上げようとしている。ピキピキって、卵の殻に線が入ってく感じ。それで、パカっと殻が割れて、次のステップの若林くんを見せてくれる感じ。それについてくるお客さんの良さ、みたいな。

ライブ内容は、劇場を出たら持って行ったらいけないようなものだったから、やっぱりあの男は頭がヤベェから。ヤベェことばっかり言ってたわ。それはまた、シリーズ化されるらしいから、ぜひ、次はチェックしてもらえればね。チームは、『たりないふたり』のスタッフのチームでやってたから。凄く良くて。

『プレミアMelodiX!』ってレギュラー番組、音楽番組をやってて、最初の30分は観れなかったんだけどね。1時間30分くらい観られて、「良いなぁ」って、意識を高められましたよ。

【関連記事】
南キャン山里、オードリー若林とのコンビに慣れて「もう若林なしじゃダメな体に」

オードリー若林、南キャン山里が「非モテキャラ」に固執する心理を分析「ラジオリスナー出身だから」

オードリー若林、ラジオでの発言を山里亮太に問いただされる「お前、やったな?!」

オードリー・若林「南キャン・山里亮太をリスペクトしている」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,オードリー,若林正恭,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:山里亮太、タモリに「何を着ても似合わない」ことで付けられたニックネーム「デザイナー殺し」

前の記事:山里亮太、舞台『幕が上がる』で早見あかりへメッセージが隠されてると明かす「ある色のアイテムが置かれてる」