TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 山里亮太、舞台『幕が上がる』で早見あかりへメッセージが隠されてると明かす「ある色のアイテムが置かれてる」

山里亮太、舞台『幕が上がる』で早見あかりへメッセージが隠されてると明かす「ある色のアイテムが置かれてる」

2015.05.07 (Thu)
2015年5月6日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00-27:00)にて、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が、ももいろクローバーZ主演の舞台『幕が上がる』を観に行き、その楽屋挨拶で本広克行監督から、舞台上に"あるメッセージ"が隠されている、と明かされたと語っていた。

幕が上がる
幕が上がる [Blu-ray]

前の記事からの続き:
山里亮太、舞台『幕が上がる』の公演後にももクロ・百田夏菜子が感極まって泣いていたと明かす

山里亮太:(舞台『幕が上がる』の公演後の楽屋挨拶で)本広克行監督が来てくれて。これから観に行く人に…具体的には言えないんだけど、ストーリーとは関係ないところで、俺はこの話を監督から聞いて、「うわっ!」って思ったことがあって。

セットの中に、一個だけ、ある仕掛けがあるんですよ。これ、ストーリーとは関係ないです。でも、本広監督のももクロへの愛、そして、このラジオを聴いて、ももクロファンになったって人には、たまらないポイントが1個ございまして。

セットの、ある1つの場所に…ずっと、そこに"何か"があるんですね。あるアイテムがそこにはあるんですけど、その色が、ある色なんです(笑)…っていうメッセージをですね。

これ、ストーリーとは関係ないんですけど、それは本広監督が、このラジオの文字起こしをした『クイック・ジャパン』を見て、これが必要だって、作ってくれたある物が、ずっと置いてあるっていうのがあるんで、よかったら観に行く方は注目してみてください。

ストーリーの邪魔しない程度に、心のどこかに留めておいていただけたらなぁって思いますね。

【関連記事】
伊集院光、ももクロ主演映画『幕が上がる』を絶賛「映画のクオリティが凄い高い」

バカリズム、ももクロを応援するファンたちのモチベーションを分析「より優秀なモノノフになるのが夢なのでは?」

バナナマン設楽、ももクロファン・モノノフの分類を語る「シャレノフ、マジノフ…」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,ももいろクローバーZ,早見あかり,幕が上がる,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:山里亮太、オードリー若林の単独トークライブに触発される「この男、面白いことをやろうとしてる」

前の記事:山里亮太、舞台『幕が上がる』の公演後にももクロ・百田夏菜子が感極まって泣いていたと明かす