TOP爆笑問題の日曜サンデー ≫ 安部譲二が語る「三島由紀夫との思い出」

安部譲二が語る「三島由紀夫との思い出」

2009.11.24 (Tue)
若きサムライのために (文春文庫)2009年11月22日放送の「爆笑問題の日曜サンデー」にて、 コーナー『27人の証言』の中で、安部譲二が三島由紀夫との思い出話をしていた。

「僕は、あのときゲイバーの用心棒やってたんだよ。銀座の、今のプランタンがあるところだった。あそこは、日本人のとっても綺麗なゲイボーイがいて…ジミーだとかケニーだとか、呆然とするぐらい綺麗だった。それを、外人客が取り合いをするんだよ。それを、僕が仲裁してたんだ」と安部譲二は語り出した。

「中に入って止めたり、鎮圧したりしていた。その用心棒さ。銀座のゲイバーには、日本のお客っていうのは本当にチラホラさ。そのチラホラの日本人のお客の中に、三島先生がいらしてね。けど、ゲイボーイたちにまるでモテないんだよ」

そこから、以下のような三島由紀夫との思い出を語っていた。

「そうしたら、ある日に酔っぱらったお客を僕が取り鎮めたら、カウンターにいらっしゃった三島先生が『君の使った術は、何ですか?』って訊くんだよ。だから『術なんてたいそうなもんでは、ございません。あれは、下手なボクシングですよ』って言ったら、『僕もそれが習いたい』っておっしゃった。それで『おやめになった方が良いですよ。そんな面白いもんじゃないですから』って言ったの」

「三島先生は、『いや、稽古がしたい。どこか、紹介してくれたまえ』って言うんだよ。強いフェザー級のボクサーがコーチをしているところを紹介したら、『本当に、この人がボクシングやるの?』って訊かれたから、『いや、この人がやりてぇって言ってんだよ、この野郎』って言ったら、入門申し込み書に"平岡 公威"ってお書きになった。誰も、この人が三島由紀夫さんだって、分からなかっただろうね」

「そうしたらね、ボクシングを始めたら『今は、構えを習ってます』『今日から左のジャブを習い始めました』ってゲイバーのカウンターで言うんですよ。三島先生にとっては、初めての運動体験だったんじゃないかなぁ。だから、楽しくてしょうがないって感じだった。『安部さん、縄跳びは女の子が跳んでいるととっても楽しそうだけど、やってみると本当に大変ですね』って言うんだよ」

「天才って言うのは、45歳(三島が亡くなった年齢)までにみんな、(体験)やっちゃうんだねぇ。俺なんか、72歳になってもまだ、黒木メイサさんに会ったら口説こうなんて思ってるんだから、ダメだねぇ」と語っていた。

【関連記事】
爆笑問題と鴨下信一が語る「今のドラマがダメになった理由」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 安部譲二,三島由紀夫,爆笑問題,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  爆笑問題の日曜サンデー
次の記事:美輪明宏が語る「三島由紀夫と江戸川乱歩との出会い」

前の記事:伊集院光 「ファンレターを送った女性に会いに行く」

本日の注目記事