TOPケンドーコバヤシのテメオコ ≫ 出川哲朗を無言で黙らせた野爆・川島邦裕

出川哲朗を無言で黙らせた野爆・川島邦裕

2009.11.20 (Fri)
にけつッ!!3 [DVD]2009年11月20日放送の「ケンドーコバヤシのテメオコ」にて、アメトーークの収録があったことを話していた。収録後の打ち上げでは、出川哲朗やケンドーコバヤシなどの芸人、その他のスタッフなどがいたそうだ。

「深夜の2時、3時だというのにみんなで飲みに行って、たまたま出川さんと僕の席が隣だった。それで一緒にオシャベリしていた」

「出川さんは、アメトーークのプロデューサーである加地さんに『加地さん、早く"元ヤン芸人"をやって下さいよ。本当に俺、やりたいんですよ。マジで本当に怖かった、俺の武勇伝を世間に知らしめたいんです』みたいなことを言い出した」

さらに、以下のようなやりとりがあったことを話していた。

「それで、加地プロデューサーは『出川さん、もうその話はいいですよ、出川さん。本当に悪かったんですか?』って訊いてた。そうしたら出川さんは『マジですよ。本当に悪かったんです。その血、まだ残ってるんですけどね』と言っていた」

「その場に、野生爆弾のくぅちゃんこと、川島邦裕が居たんですよ。ゴリラめいた男なんですけど、なかなかの筋金入りで、体のあちこちにタトゥーめいたものが入ってるんです。それで俺が『元ヤン芸人やったら、こいつ(川島)も入れてやって下さいよ』って言ったんです」

「そうしたら出川さん、『ああ、マジで?くぅちゃん、心強いよ』みたいなことを言ってた。それで俺は『出川さん、これちょっと見てやって下さい』って言って、腕時計外して、その色鮮やかなモノを見せてやったんです。それを見た瞬間、出川さんは顔が青ざめて『マジじゃん…』って言ってた」

「『いや…マジはヤバイよ。あくまで、芸人の笑い話としての"元ヤン"だからさ』って言い出して、そこからスキヤキの肉を慌てて落としまくるという慌てっぷりでしたよ。どこが元ヤン芸人なんですかってことですよ」と話していた。

【関連記事】
ケンドーコバヤシの芸風を作ったモノ


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ケンドーコバヤシ,出川哲朗,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ケンドーコバヤシのテメオコ
次の記事:ムーディー勝山の悲しすぎるエピソード

前の記事:ケンドーコバヤシのテメオコ トーク集

本日の注目記事