TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、「天然ボケ」の由来は萩本欽一が「ジミー大西に吐き捨てるように言った言葉」と明かす

明石家さんま、「天然ボケ」の由来は萩本欽一が「ジミー大西に吐き捨てるように言った言葉」と明かす

2015.04.05 (Sun)
2015年4月4日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、「天然ボケ」という言葉は、萩本欽一が、ジミー大西に吐き捨てるように言った言葉であると明かしていた。



明石家さんま:「天然」って言葉は、萩本欽一さんがジミー大西に吐き捨て言葉で言った言葉なんですよ。、

鞘師里保:へぇ。

明石家さんま:この間、『明石家さんまのコンプレッくすっ杯』って番組で言ったんですけども。大将が、「ジミーを貸してくれ」って言われて、貸してあげたんですね。番組に使いたいからってことで。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:「ジミーはこういうヤツですよ」って説明したんですけど、大将も扱いきれなくて。

鞘師里保:うん。

明石家さんま:3週で終わったんですよ。それで、「アレ、天然だね」って言われて、吐き捨ての言葉で言われたのを、ジミーが俺のところに来て、「すみません、大将の番組、降ろされました」って言うから、「なんでや?レギュラーやったやろ?」って言ったら、「『天然だね』って言われまして」って。俺ら、ゲラゲラ笑って。

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:その時、人に対して「天然」って、初めてだったんですね。それが、『オレたちひょうきん族』の収録の時で。「天然、おい、天然」ってその日だけ言ってたんですよ。

鞘師里保:はい。

明石家さんま:そしたら、10年、言葉が埋もれてたかな。「天然」が、普通の言葉として返ってきたんです。

鞘師里保:ああ。

明石家さんま:アレは、言葉の社会で生きてる俺たちにとっては、「え?!」って感じ。

鞘師里保:はい。

明石家さんま:誰かが覚えたんですよ。『ひょうきん族』か何かを観て、「アホなことを天然って言う」っていう。誰かが覚えてて、街の角で「ああいうヤツ、天然って言うねんで」っていうのが、何年か掛かって広まって世に出たんです。

植村あかり:へぇ、凄い。

明石家さんま:アレは凄い。自分でテレビっていう世界にいる凄さ。

植村あかり:凄い!

明石家さんま:凄いねん。今でこそ、みんな「天然です」「天然です」って言うてるけども。

鞘師里保:普通に使ってます。当たり前のように。

明石家さんま:当たり前のように使ってるけど、アレは、吐き捨て言葉なんですよ。でも、自分から「天然です」って言うヤツはろくなヤツがおらんから、気をつけた方がエエな(笑)

【関連記事】
明石家さんま、ジミー大西が舞台上で脱糞・開チンしてしまう最悪な状況を語る「支配人が頭を抱えてた」

オードリー若林「さんま御殿で放送禁止用語を叫んだ芸人」

小堺一機、萩本欽一と出会ってから28年目にようやく弟子だと認められていた「俺に弟子はいないと」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,ジミー大西,萩本欽一,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、自分のモノマネをする原口あきまさ・ほいけんたに「これ程俺を研究してくれてるのは凄い」

前の記事:明石家さんま、橋本マナミの脱ぎっぷりの良さに驚き「脱ぎたくて事務所を辞めた」