TOP雨上がり決死隊べしゃりブリンッ! ≫ 雨上がり決死隊 「しゃべくり007の裏話」

雨上がり決死隊 「しゃべくり007の裏話」

2009.11.05 (Thu)
ホトちゃんのとっておき北海道~雨上がり決死隊・蛍原徹のええ店よりすぐり87店~2009年11月04日放送の「雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!」にて、蛍原の出演番組について語られていた。蛍原は「ボケるのは1回まで」とアメトーーク!で言われているほど、ワケの分からないボケを繰り返すことでも知られているそうだ。

宮迫は「『しゃべくり007』にゲスト出演させてもらったんですけど、蛍原さん、観ましたか?蛍原さんの『変な歩き方をする人』を繰り返すっていうだけのボケ、3回もやったのをそのまま放送されてましたよ」と話していた。

「俺の絶好調な様子を観てもらえたみたいだね」と蛍原は語っていた。「ディレクターが編集せずにノーカットで放送しているのは、良い感性しているよね」と続けていた。宮迫は「恐るべきですよ。あのメンバーが全員で汗だくになってフォローしたんですから」と呆れるように話していた。

さらに、蛍原は「僕が徳井の指を舐め続けるっていうくだりは無くなってたみたいですけどね。カットされてしまっていた。まぁ、尺もありますからね。MAXもゲストできていたし」と話していた。

さらに、そこから以下のように話していた。

「これからも攻めますよ。ガンガン攻めてきますよ」と蛍原は決意のようなものを語っていたが、宮迫は「攻めても良いですけど、一人の時にやってください。俺を巻き込まないで」と話していた。

また、「『ほとチャンネル(テレビ愛知ローカルの蛍原ひとりでのレギュラー)』でね、世界のナベアツに(蛍原のボケの対処に困って)『ああいうとき、どうしたら良いんですかね?』って真剣に相談されたんだけど、『ええねん。大丈夫だから』って言っておいた」と、世界のナベアツも困惑している様子を話していた。

さらに、宮迫は「録画している人は、しゃべくり007で、蛍原さんが訳の分からない歩き方をしたときの、全員の顔を見て下さい。相方である俺ももの凄いビックリしたんですよ。一瞬、血の気が引いた。あのくだりまでは、スゴイ受けてたんですから」と話していた。

宮迫が「でも、ホリケンの訳の分からないボケも丸々放送するような番組ですからね」と言うと、蛍原は「そうやね。カットするんだったら、俺を呼ぶなって話だからね。…それにしても、あの番組はやりやすいよね。同年代でやるのが、一番やりやすいように思う。俺も、オッサンになったのか」と話していた。

ちなみに、宮迫が失敗していたたこ焼きは、実際はもっと時間が掛かっていたそうだ。「かなり時間が掛かっていて、それはカットしていてくれた。粉を混ぜておいてくれないとダメなのに、そうなってなくて、なかなか焼けなかった。それで途中に『最初からやり直しさせてくれないかな…』ってボソって言ってしまった」と話していた。

【関連記事】
雨上がり決死隊・宮迫が分析「ベテラン芸人がスベらない秘密」

雨上がり決死隊 「芸能人の学力について」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 雨上がり決死隊,しゃべくり007,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!
次の記事:加藤浩次 「本番前にドン小西から迷惑電話」

前の記事:おぎやはぎ・矢作 「どぶろっくとカラオケ」