TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次 「PSP goをもらって騒動に」

加藤浩次 「PSP goをもらって騒動に」

2009.10.31 (Sat)
PSP go「プレイステーション・ポータブル go」 パール・ホワイト(PSP-N1000PW) 特典 PSP go スタートキャンペーンプロダクトコード付き2009年10月30日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、PSP goを発売に先駆けて貰った、と明らかにされていた。「スッキリ!とSONYのコラボで、PSP用の無料ダウンロード配信のゲーム(みんなのスッキリ)を作った。それで、PSP goをもらえることになった」と話していた。

「嬉しいよ。こういうことがあったのは、いいともでドリームキャストをもらった時以来」と話していた。「最初は、ダウンロードとか面倒くせぇ、ソフト勝った方が良いじゃんとかって思ってたんだけど、ダウンロードしてみたら、これが簡単だし、面白くて」とハマっていたことを明らかにしていた。

「でもさ、困ったこともあって…」と、そのトラブルについて以下のように加藤は語っていた。

「子供に見せたら、次から次に『ダウンロードして』って言われるんだよ。子供に与えたりしたら、金がかかってしょうがないよな」と語っていた。

「特に、快晴(長男)はゲームが好きで、どこにでもPSP goを持って行こうとする。公園にも持って行っちゃって、そこでもゲームやってるんだよ」

「それで、香織(妻)と一緒に公園に行ったら、ちょっと目を離した隙に、快晴が高校生たちに囲まれてたんだって。それで、どうしたんだろうかって、香織が近づいていったんだって。そうしたら、『どうして(発売前の)PSP goを持っているんだよ』とかって話になってたんだって」

「それはそうだよな、俺が高校生だったとしたら、『このガキ、何でもってるんだよ』って思う。ヤバイよな。カツアゲされちゃうんじゃないかって、そういう状態になってしまっていた」

「でも、快晴は『ゲームが、ダウンロードできるんだよ~』みたいなことを言い出して、得意げに見せてたんだって。…どうせなら、とられちゃえば良かったんだよ。そういう怖い思いをしたほうが、そこから学べるから。それに、発売前なのにもらえるとか、そういうことを覚えさせちゃダメだよな」と話していた。

【関連記事】
加藤浩次「長男・快晴の奇行に悩む」

よゐこ 有野晋哉は、普段から『有野課長』?


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 加藤浩次,スッキリ!,PSPgo,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:アンタッチャブルの若手芸人時代

前の記事:カンニング竹山隆範 「最近の頭髪事情」