TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、NSCなどの芸人養成所出身者の特徴を語る「先輩へのツッコミがヘタ」

明石家さんま、NSCなどの芸人養成所出身者の特徴を語る「先輩へのツッコミがヘタ」

2015.03.08 (Sun)
2015年3月7日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、NSCなどの芸人養成所出身者の特徴について語っていた。

いきなり芸人の縦社会に入るのではなく、NSCなど、同期の芸人たちの中で過ごしてきたためか、先輩との関係を築くことに最初は慣れておらず、先輩に失礼のないようにツッコミを入れるということが下手である、とさんまは指摘していた。



尾形春水:先輩たちが話している時に、「ツッコミたい」って思う時があるんですけど。

村上ショージ:それ、やろうや(笑)

明石家さんま:専門的なことになるけど、敬語ツッコミっていうのは、マスターした方がエエねんで。ツッコミで、先輩怒らせたらアカンねん。

尾形春水:ああ、敬語で?

明石家さんま:敬語で、上手くツッコむ技を覚えた方がエエ。それを覚えると、先輩に対してのトークが上手くなんねん。

尾形春水:ああ。

明石家さんま:吉本興業がない時代、先輩に対してもツッコまなアカン、でも失礼のないように、言葉を選ばなくちゃいけない、的確な言葉を選ぶって勉強は、吉本の楽屋でしたんや。

村上ショージ:うん。

明石家さんま:NSCで学校を卒業した方が、先輩へのツッコミがヘタなんですね。

尾形春水:へぇ。

明石家さんま:アンタらが見ても、どこが違うねんって思うねんけど、我々が見たら、「これは失礼や」とかっていうのがあるから。

尾形春水:へぇ。

明石家さんま:先輩に対してツッコミたいって思ったら、やってみて、怒ったらやめた方がエエけど。

尾形春水:はい(笑)

明石家さんま:怒らないなら、良い練習になるね。

村上ショージ:頭、叩いたらアカンで。「アホか!」とか(笑)

尾形春水:はい(笑)

明石家さんま:「さんまさんが、ツッコめ言うんで」って(笑)バシーンってやったらアカンで(笑)

尾形春水:ふふ(笑)

明石家さんま:でも、これは物凄い大事な。将来のテレビには役に立つ。

飯窪春菜:敬語ツッコミ。

明石家さんま:敬語のツッコミって、非常に難しいんですね。なぞったりとか、合いの手とか、「違いますやん」くらいは言えるんですけど、高度な敬語ツッコミは、覚えていた方が良いですね。

尾形春水:はい。

【関連記事】
爆笑問題・太田、ナイツ・土屋とオードリー若林のツッコミを絶賛「ツッコミの上手い2人」

ブラマヨ小杉、ボケとツッコミの信頼関係の大切さ「必ずツッコまれるという安心感がないとボケれない」

ビートたけしが語る「漫才におけるツッコミの役割」

加藤浩次、中村アンの誤ったツッコミに苦言「ツッコむっていうのは、相手のサポートだから」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、大竹しのぶが新居引っ越し時に泣いていたと明かす「子供が8億5千万円の家に落書き」

前の記事:山里亮太、加藤浩次が嫌う2つのことを共演する赤江珠緒にアドバイス「上辺の返答と予定調和」