TOPマツコ&有吉 怒り新党 / かりそめ天国 ≫ マツコ・デラックス、人と違った外見を持つ者としてハーフ女性にアドバイス「ネタが増えてラッキーくらいに」

マツコ・デラックス、人と違った外見を持つ者としてハーフ女性にアドバイス「ネタが増えてラッキーくらいに」

2015.03.05 (Thu)
2015年3月4日放送のテレビ朝日系の番組『マツコ&有吉の怒り新党』(毎週水 23:15 - 24:15)にて、タレントのマツコ・デラックスが、アメリカ人と日本人のハーフの女性が「何度も同じ様な質問をされて辟易としている」との悩みに答える形で、人と違った外見を持つ者としてアドバイスを行なっていた。

デラックスじゃない
デラックスじゃない

視聴者投稿:私は初対面で、「ハーフ?」と訊いてくる人に腹が立っています。私は父がアメリカ人、母が日本人のいわゆるハーフなのですが、小さな頃からこれまでに、行く先々で「ハーフ?」と訊かれてきました。

こちらが「そうです」と答えると、必ずと言っていいほど、「お父さんとお母さんの、どっちが何人?」「英語、喋れる?」「両親の出会いは?」と、矢継ぎ早に質問が飛んできます。私は、これらの質問に、何百回と答えてきていて、いいかげん、うんざりしています。

マツコ・デラックス:それは、私が「本当はどうなの?」から入って、最近でこそなくなったけど、ずっと言われてたのは、「お店どこ?」とか。全部その疑問に全部答えてあげてからじゃないと、本題に入れない時期がずーっと続いてて。

有吉弘行:うん。

マツコ・デラックス:今でも、似たようなことはまずあるわけね。だから、それは変わった外見って思っちゃったら、それは差別的だってなっちゃうけど、大多数の人と少し違う風貌で生まれてしまったわけだから。

有吉弘行:うん。

マツコ・デラックス:だから、できるだけ簡潔に済む言葉を用意しておけば良いんだよ。

有吉弘行:そうだね。

マツコ・デラックス:だから、「本当はどうなんですか?」「本当って何?」っていうね(笑)あと、「お店はどこ?」「勤めてません」って、言えば良いのよ。

有吉弘行:うん、そうだね。名刺交換みたいなもんだね。

マツコ・デラックス:それはだって、そうじゃなくたって訊かれることはあるでしょ?

有吉弘行:「出身、どこですか?」って訊かれるよ。「広島です」「広島のどこですか?」って。「うわぁ、訊かれるなぁ」って(笑)

マツコ・デラックス:ふふ(笑)

有吉弘行:訊く人は、誰にでも訊くよね。

マツコ・デラックス:だから、ちょっと話さなきゃいけない人と、何話したら良いか分からない時ってあるじゃん。そういう時に、ネタが増えてラッキーくらいに思ってた方が、楽よ。

有吉弘行:うん。そっちの方が、仲良くなるのが近いよね。

マツコ・デラックス:うん、絶対にそう思う。

有吉弘行:「何の質問しようかなぁ…」って人よりは、良いと思うけどね。

マツコ・デラックス:私、それが凄く助かってるのよ。こんな外見だから。

有吉弘行:たしかに。

マツコ・デラックス:向こうは、私に対して疑問がいっぱいあるわけじゃん。まず、そっちを訊いてくれるから、それきっかけで話が入っていけるから。嫌な質問の仕方する人には、さっきみたいに答えれば良いの。

有吉弘行:うん。

マツコ・デラックス:「この人は、悪意ないな」って思ったら、親切に答えれば良いの。それだけ。

有吉弘行:俺、マツコさんが羨ましいなって思ったよ。イベントみたいなので、学生の子たちと写真撮るのがあったんだけど、マツコさんが来ると、「うわぁ、大きい!」とかさ、「触っても良いですか?」って、盛り上がるじゃん。

マツコ・デラックス:うん。

有吉弘行:俺、行っても普通のオジさんだから、シーンってするのよ(笑)

マツコ・デラックス:ふふ(笑)

有吉弘行:俺、そこで急にアダ名でもつけるわけでもないからさ(笑)「よろしくね」「シーン」って(笑)悪いなぁ、申し訳ないなぁって(笑)

マツコ・デラックス:いや、でもそれはないでしょ?(笑)「有吉!」ってなるでしょ(笑)

有吉弘行:身長も普通だし、普通のオジさんだなって(笑)そこは、マツコさん羨ましいなって思うね。

マツコ・デラックス:嫌なことがあるってことは、同じくらい良いこともあるってことだからね。ポジティブに考えよう、そこは。しょうがないじゃん。

【関連記事】
マツコ・デラックス、天涯孤独で生きていくことは出来ないと痛感した出来事「30年振りに再会した幼馴染」

加藤浩次 「マツコ・デラックスの強烈すぎる人生経験」

マツコ・デラックスが語る、テレビタレントを続ける上での覚悟「ダメな時は『さようなら』」

マツコ・デラックス、ハロプロ好きを公言するようになった理由「もうどう思われても良いやって思って」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 有吉弘行,マツコ・デラックス,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  マツコ&有吉 怒り新党 / かりそめ天国
次の記事:有吉弘行、松本人志への憧れについて「我々世代の芸人はダウンタウンを目指し、誰もなれなかった」

前の記事:有吉弘行、パキスタンのゲイ軍人との甘酸っぱい思い出「数時間しか会ってないのに、僕の心の中に彼はいる」