TOP雨上がり決死隊べしゃりブリンッ! ≫ 雨上がり・宮迫 「新宿二丁目のバーに迷い込む」

雨上がり・宮迫 「新宿二丁目のバーに迷い込む」

2009.10.29 (Thu)
雨上がり文庫 (小学館文庫)2009年10月28日放送の「雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!」にて、宮迫が新宿二丁目のゲイバーに迷い込んだ時の話をしていた。話の発端は、宮迫が一人で新宿に飲みに行った時のことだ。

「新宿に飲みに行ったら、あそこスゴイ広いじゃない。二丁目だってことを全く分からなくって、バーに入ったら、ガッツリそういう店だった。マスターもお客も、そういう感じの人だらけだった」

「それでね、そこで飲んでたら、代わる代わるに口説かれた。中には、スゴイ人もいて…」と話していた。さらに、そこから以下のようなことがあったようだ。

「5人くらいに口説かれて、その中の一人が、元自衛隊に所属してた人で、その後に体操選手になった人だった。『一人弾丸ジャッキー』みたいな人なんだよ」

「『アタシ、自衛隊にいて、その後に体操選手になったの。ちょっと見てくれる?』って言い出して、いきなり床に三点倒立した。バーの中でだよ」

「それで困っちゃって。『あの…静かに飲みたいんで、止めてもらっていいですか?』って言って、止めてもらった。スゴイ人がいるよ、ああいうところは」と宮迫は語っていた。

【関連記事】
雨上がり・宮迫 「TENGAで絶叫する」

雨上がり決死隊・宮迫の妹(35)は、ヴァージン?


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 雨上がり決死隊,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!
次の記事:雨上がり・宮迫 「暗すぎる性格を直します」

前の記事:おぎやはぎ・小木 「奥さんの隠された過去」