TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、将来を心配する指原莉乃にアドバイス「ずっとどうせ不安。その日その日を片付けていった方が楽」

明石家さんま、将来を心配する指原莉乃にアドバイス「ずっとどうせ不安。その日その日を片付けていった方が楽」

2015.03.01 (Sun)
2015年2月28日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、将来のことが不安で、貯蓄や保険などを真面目に考えているというHKT48の指原莉乃に、アドバイスしていた。



リスナーメール:HKT48の指原莉乃さんが、ある番組で、自身の卒業後の不安について話をしていました。なんでも、「AKBグループを卒業したら、仕事がなくなるんではないかと怖くて、給料はほとんど貯金に回し、最近は保険にも入った」そうです。

明石家さんま:これは感じるよね。

新垣里沙:グループの時は、黙ってても仕事が決まってたり、ブランド名だけでもライブとかもできるけど、1人になったらどうかなって思ってましたね。

明石家さんま:アップフロントさんは凄い面倒見の良い事務所なんで、指原とはちょっと環境が違うわな。彼女は太田プロか。

村上ショージ:あ、そうなんや?

明石家さんま:それなりの面倒は見てくれるやろうけどね。吉本は、要らんようになったら、全然。大きな会社だけど、そんなに面倒見てくれない方やからね。

鞘師里保:ああ。

明石家さんま:ウチなんか実力主義なんで、「チャンスあげますよ」と。「売れたらどうぞ。でも、アカンようになるのも、自分の責任」って。まあ、良いっちゅうたら良いんですけどね。一生の保証なんか、誰もみてくれないわけですから。

鞘師里保:はい。

明石家さんま:たしかに不安やろうな。飯窪はどうなん?

飯窪春菜:たしかに、1人なった時の不安はありますね。

明石家さんま:貯金とかはしてるの?

飯窪春菜:全部、ママに託してるから分からないですね。

村上ショージ:でも、飯窪は他の事務所も入れるから。なんとでも…

明石家さんま:旅館の番頭とかね。お前は食いっぱぐれなさそうや。

飯窪春菜:そんなことないです(笑)

明石家さんま:鞘師は?16歳やから、まだそこまでの心配してへんか。

鞘師里保:そうですね。まだお金も使わないし。

明石家さんま:将来、アカンようになってもOLできるから、まだまだ余裕あるよな。それが26~7になってどうしようって感じやからな。

新垣里沙:ああ。

明石家さんま:俺は今、60ですけども。60になっても先は不安ですから、大丈夫ですよ。ずっと不安やから(笑)

新垣里沙:ふふ(笑)

明石家さんま:今、不安がってる場合じゃないですよ(笑)指原もね、ずっとどうせ不安やから。その日、その日を片付けていった方が楽ですね。

飯窪春菜:また名言ですね(笑)

明石家さんま:また出ちゃった?(笑)

【関連記事】
明石家さんま、「努力は必ず報われる」と思う人に「見返りを求めるとロクなことがない」

明石家さんま、娘・IMALUに番組出演する上で行った注意「トークバッグを持っていけ」

明石家さんま、キャラ作りで迷走するアイドルにアドバイス「キャラ作りに奔走するのではなくアイドルとしての努力を」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,指原莉乃,HKT48,AKB48,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:明石家さんま、新番組『さんまのお笑い向上委員会』を引き受けた理由「フジテレビっぽいことができる」

前の記事:明石家さんま、イタズラで警察機動隊を出動させていた過去「学校中に鳴り響く爆発音」