TOPワイドナショー ≫ 武井壮、8.6秒バズーカーTV出演前にYouTube動画で視聴者が飽きることを心配「1ヶ月で新鮮味なくなる」

武井壮、8.6秒バズーカーTV出演前にYouTube動画で視聴者が飽きることを心配「1ヶ月で新鮮味なくなる」

2015.02.10 (Tue)
2015年2月8日放送のフジテレビ系の番組『ワイドナショー』(毎週日 10:00-10:55)にて、アスリート・タレントの武井壮が、8.6秒バズーカーがラッスンゴレライのギャグでブレイクしたものの、YouTubeで動画を観ている視聴者が、彼らのテレビ出演前に飽きてしまうのではないか、と心配していた。

ラッスンゴレライ
ラッスンゴレライ [DVD]

前の記事からの続き:松本人志、8.6秒バズーカーがラッスンゴレライだけの印象になることを懸念「ギャグが一人歩きし過ぎて」

武井壮:(8.6秒バズーカーのラッスンゴレライを)僕も、パッと見て、面白いなっていうか、テンポも良いし、見やすくていいなって思ってるんですけど、世間のスピード感って凄い早いじゃないですか。

東野幸治:はい。

武井壮:昔って、見れなかったから、見たかったんですよね。芸人さんの芸にしても。

東野幸治:テレビで、「今日8時にやるから、それまでに早く8時になれへんかな」ってね。

武井壮:はい。『ひょうきん族』とか、楽しみにしてた番組が凄い多かったから、そこしか見れないから、どうしてもそこを見ようと思ってたんですね。でも、今は、この子たちがポンって売れて、ワッて有名になって。色んなこういうネタあるじゃないですか。そしたら、世間の人たちは、この人たちが出るよりも早いスピードで何百回もこれを見るから、1ヶ月くらいしたらもう慣れて、新鮮味がなくなってしまうんじゃないかなって。

東野幸治:はい。

武井壮:でも、彼らは「まだこれから」って気持ちじゃないですか。そのスピード感の差が、一回、とんでもない苦しみを感じるところなのかなって。でも、そこで…

東野幸治:踏ん張ってね。頑張ってくれれば。

茂木健一郎:僕、しりあがり寿さんが言ってたのが賛成で。一段ロケットは、何でも良いって言うんですよ。とにかく、世間の注目を浴びようと。

東野幸治:はい。

茂木健一郎:ラッスンゴレライで、注目を浴びた。その後、二段ロケット目から、何ができるかが勝負で。でも、とにかく今は有名になったんだから、そこは良かったんじゃないですか?苦しみは始まるかもしれないけど、そっからが本当の勝負だから。

【関連記事】
ウーマン村本、8.6秒バズーカーの早過ぎるブレイクに今後を懸念「レベル1でボスキャラと戦う辛さ」

南キャン山里、8.6秒バズーカー『スッキリ!!』出演に見たスターの片鱗「たった10ヶ月でここまで出来るか?」

岡村隆史、8.6秒バズーカーらリズムネタでブレイクした芸人は「持続していくのが大変」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 武井壮,8.6秒バズーカー,ラッスンゴレライ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ワイドナショー
次の記事:松本人志、ビートたけしのお笑いブーム終焉論に異論「視聴者の需要に芸人のネタ供給が追いつけていない」

前の記事:松本人志、8.6秒バズーカーがラッスンゴレライだけの印象になることを懸念「ギャグが一人歩きし過ぎて」