TOP雨上がり決死隊べしゃりブリンッ! ≫ 雨上がり決死隊 「芸人に挨拶することの効果」

雨上がり決死隊 「芸人に挨拶することの効果」

2009.10.01 (Thu)
Men's JOKER (メンズ ジョーカー) 2009年 08月号 [雑誌]2009年09月30日放送の「雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!! 」にて、芸能人同士の挨拶について話されていた。話の発端は、宮迫が引っ越しにあたって、家電量販店で買い物をしようと思ったことだった。

「アメトーーク!!で、家電芸人をやって、その影響もあるんですけど、新しい家電を買い換えることにした。そこで家電量販店に行ったんですけど、そこで若い女優さんが、マネージャーさんと一緒に洗濯機をみていた。その並びで買い物をしていたんですよ」

「一緒に仕事もさせてもらってたし、身長も高い人だからね、明らかにその女優さんだと思っていた。でも、あっちがこちらに気づいているかどうか、分からないからね、なかなか声を掛けることもできなくて。なんとなく、向こうも気づいているとは思うんだけどね。互いに気づかないフリをしている、みたいなね」

「ちょっと『これ、アレやんな…』みたいな、関西弁をちょっと強調したりとかね、努力はしてみたんですけど、気づかずじまいでしたよ。年齢的にもかなり上だし、こっちから声をかけたりするのも、アレだと思ったんで…シャイだし」と宮迫は語っていた。

さらに、芸人との挨拶について、以下のように語られていた。

蛍原は「まぁ、あるよね。新幹線やお店で…芸人に、向こうから挨拶してくれるとね、すごい喜ぶよ、俺らは」と話していた。

このことに関して、宮迫は「挨拶してくれると、すごい得するよ。『めっちゃ良い子だった』って、方々で言いふらすから。まぁ、逆もあるけどね、『あいつ最悪やった』って、言いふらすからね」

「前にね、ゴルフ場のレストランでご飯を食べていたら、俺がいるって聞いたらしくって、コースに出たのに、わざわざ戻ってきてくれて、しかも背をかがめて挨拶してくれた人がいた。それが、坂口憲二くんだったのよ。『なんて良い人なんだろうか』って思うんだよね。そういうことがあると、こうして言いふらしちゃうからね」と語っていた。

一方で、蛍原は「やっぱり、嫌いな奴には挨拶しない。気づかないフリをするよね」と話していた。

【関連記事】
インパルス・堤下 「雨上がり・宮迫の誘いを断ったワケ」

雨上がり決死隊・宮迫「ブラマヨ小杉は、他事務所だと思うことにした」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 雨上がり決死隊,坂口憲二,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  雨上がり決死隊べしゃりブリンッ!
次の記事:トータルテンボス・藤田がアフロになった理由

前の記事:インパルス・堤下 「雨上がり・宮迫の誘いを断ったワケ」