TOPバナナマンのバナナムーン ≫ バナナマン設楽、さまぁ~ず三村が事務所改革について言及した理由に「他事務所に比べ、後輩が育たない」

バナナマン設楽、さまぁ~ず三村が事務所改革について言及した理由に「他事務所に比べ、後輩が育たない」

2015.01.31 (Sat)
2015年1月30日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・バナナマンの設楽統が、さまぁ~ず・三村マサカズが所属事務所であるホリプロ、関連会社であるホリプロコムの改革の必要性について言及した真意について、「他事務所と比べ、後輩が目立たず、育ってこない」ということを指摘したかったのではないか、と語っていた。

クイック・ジャパン85

三村は、『アメトーーク!』の世界の小沢回を観たところ、ホリプロコム所属のスピードワゴン・小沢一敬がフィーチャーされている回にも関わらず、同じ事務所の芸人は磁石・永沢たかし1人のみ。その寂しい状況について、後輩を育成し、活躍するように盛り立てていく必要があるのではないか、と設楽は推察していた。

三村マサカズのツイート

リスナーメール:さまぁ~ず三村さんが、先週の『とんねるずのみなさんのおかげでした』『アメトーーク!』世界の小沢回を観て、ツイッターでつぶやいていました。




この件について、ホリプロコムのお三方はいかがお考えですか?また三村さんをお迎えして、熱い話を伺いたいです。

設楽統:これ、なんとなく聞いたんだよね。「三村さんが、ホリプロコムがどうこうって言ってる」って。

日村勇紀:へぇ。

設楽統:でも、こういうツイートだっていうのは初めて見たんだけど。これ知ってた?

井戸田潤:これ、知ってました。僕、小沢さんのツイッターをフォローしてないんですよ。

日村勇紀:なんで?

井戸田潤:一回、フォローしたら、アイツが俺のことをブロックしたんですよ。

日村勇紀:何、それ(笑)

井戸田潤:「お前に俺の素性を知られたくない」みたいな。ちょっとボケなんですけど。そっから俺、フォローするのやめてたんですよ。

日村勇紀:うん。

井戸田潤:ツイッターって、お互いがフォローしてる人が、リツイートすると、僕のタイムラインに、小沢さんのヤツが流れてくるんですよ。それで、小沢さんの情報をたまに知ってたんですけど。そういうような状況で、三村さんのも流れてきて。それで、俺見たんですよ。

設楽統:うん。

井戸田潤:でも、「監督になる」っていうところがよく分からないなって。

日村勇紀:シメてくれるんじゃない?

設楽統:誰かが言ったのかな?「真剣に変えます!」って。何かの引用かな。…ただ、この時間だと飲んでるよね。

日村勇紀:絶対に酔ってるのは酔ってるよね。

設楽統:でも、三村さんは熱いからね。後輩のことだったり、事務所の結束のことを考えてのツイートでしょ。

井戸田潤:うん。

ホリプロからホリプロコムが独立した結果

設楽統:元々、ホリプロがホリプロコムになってね。ホリプロの若手が、ごっそりホリプロコムっていう、ホリプロの傘下、グループ会社の一個になったから。一気に後輩がいなくなったっていうね。

井戸田潤:その寂しさもあるんですかね。

設楽統:複雑というか、俺らもさまぁ~ずさんが直属の先輩なんだけど、コムとホリプロだと、ちょっと違うんだよね。

日村勇紀:そうだね。

設楽統:さまぁ~ずさんはホリプロ本体。俺らはホリプロコムっていう事務所だからね。

井戸田潤:正確に言うと、そうなんでしょうね。

設楽統:うん。関連会社ではあるけど、そうなのよ。…『アメトーーク!』の時にも、同期だったりするから、(チュートリアル)徳井くんとか、品川くんとかいたけど、同じ事務所は、長沢しかいなかったじゃん。

井戸田潤:そういうことを憂えてるってことですかね。

日村勇紀:ホリプロコムがいない、と。ホリプロコムはいないよね、どこに行ったって。

設楽統:ホリプロコム自体は、芸人いっぱいいるよね。30~40組くらいいるんでしょ?

井戸田潤:いますね。

設楽統:だから、おかしいくらい会わないよね。

日村勇紀:会わないね。

後輩芸人との接点がほぼないバナナマン

井戸田潤:お2人なんか、特に会わないでしょ?

設楽統:夏のライブで手伝ってくれるくらいかな、接点は。

井戸田潤:どれくらいまで知ってるんですか?一番下は…ガルウィング?シーランド?

設楽統:名前聞いたことあるけどね。解散するとかって話が出てたよね。解散はしたの?

井戸田潤:しました。

設楽統:そのグループは知ってた。でも、俺のイメージは、入ってまだ数年のイメージだったんだけど。

井戸田潤:もう7~8年経ってますね。

設楽統:ライブ手伝ってくれた、ホタテーズくらいかな。リアルな話、メシ食いに行ったりするっていうことで言うと、スカイラブハリケーンだね。

井戸田潤:スカイラブは、若手の中でもエラ兄さんですよ。

設楽統:年齢も30超えてるし、もう10年やってんだよね。あと、ランチランチとか。ランチなんか、「結婚します」通り越して、離婚しますって話でしょ。

井戸田潤:今、裁判してんのかな(笑)

設楽統:また、そういうの詳しいイトリ(井戸田潤)に相談くるんでしょ?

井戸田潤:相談きますね(笑)ちょうど今、真っ最中なんで、詳しくは言えないらしいんですけど。

設楽統:別に電波使って言うクラスの人じゃないもんね(笑)

井戸田潤:オモシロおかしく話せることでもないでしょうしね。相手のこともあるでしょうし。

設楽統:…だから、三村さんは、憂えてるんだろうね。俺は『いいとも』終わってから、さまぁ~ずさんとかに会う機会もないしね。

日村勇紀:M-1とかTHE MANZAIとかに食い込んでくるヤツもいないし。

設楽統:磁石くらいかな。

設楽統:ホントのことを言うと、もうスピードワゴンから下で言うと、俺の中でほぼ一緒なのよ。その辺までは、X-GUNも底ぬけAIR-LINEも凄い遊んだりしてんだよ。遊び行ったり、メシ食いに行ったりしてたし。

井戸田潤:そこまでは一個の団体で、後輩とかはまた下のグループにいる感じですか?

設楽統:ザ・たっちとかになると、一個違うんだよね。久しぶりに、この前会ったもん。ゴルフの日村杯で。声かけてもらって行って。

日村勇紀:12名集まって。日村杯って言って、優勝俺なんだから(笑)

設楽統:商品とか持ってきてて、1位の商品、自分で持って帰ってるんだから(笑)…そこで、たっちに久しぶりに会って。

井戸田潤:島田秀平はどうですか?

設楽統:番組で会うのよ。ここでも会うし。ゴルフも一緒に行ったり。島田はまだ会うかな。

井戸田潤:島田は、ちょっと別ジャンルな感じもしますけどね。手相の人ですから。

設楽統:遊んでた後輩とかが、ゴッソリいなくなっちゃったんだよね。辞めちゃって。ウチの若頭筆頭の吉野誠がいなくなっちゃってから、若手とのパイプがいなくなったから。

井戸田潤:若頭筆頭としては弱いですねぇ(笑)

設楽統:でも、「風紀委員」って言われてたんだよ(笑)ライブの時とか、楽屋で若手が騒ぐと、「テメェらうるせぇな」って。「静かなシーンで、客席に声が漏れてくることがあるから、それだけは言っておいてね」って言ったら、それを徹底して。それでもうるさい後輩には、「本番中、来るんじゃねぇよ」って。最終的には、扇マネージャーに「喋んじゃねぇよ」って(笑)

日村勇紀:扇って声が通るから。

井戸田潤:元舞台女優だから(笑)

設楽統:西武ドームでイケるくらいの声量だから(笑)…あの辺がいなくなっちゃったからね。桜井とか滝本とか(スカイラブハリケーン)とメシ行くくらいだね。

井戸田潤:その辺くらいですか。ダブルブッキングは?

設楽統:今は全然だね。

日村勇紀:川本とかは、『アメトーーク!』とか大喜利的なのに出てくるからね。

井戸田潤:『フットンダ』とか。

設楽統:俺は『ノンストップ!』やってるから、夜に遊ぶのが制限されちゃってるから。だから、メシ食いに行くとかも決まったメンバーなんだよね。前は、誰かが連れてきたりしてたからね。

井戸田潤:じゃあ、一回、「バナナマンと接点を持とう」みたいな会をしましょうか。

設楽統:いいよ(笑)三村さんがやるって話だから。

井戸田潤:このラジオで、企画としてやりますか?

設楽統:えーっと…断る(笑)

井戸田潤:断られる間でしたもんね(笑)

他事務所に比べて後輩があまりにも活躍していない

設楽統:これ、三村さんが思ってることも同じようなことなんだろうと思うけど、やっぱりこんなに上がってこないのはおかしいんだよ。

日村勇紀:そこだよ。

設楽統:頑張ってるかもしれないし、分からないから言うのも…

井戸田潤:他の事務所、人力舎、マセキ芸能社とか。そういうところって、毎年、ちょっとずつ頭角を現してるし、賞レースとかで優勝したりするし。そう考えると、寂しいですよね。

設楽統:うん。そういう風にならないと。ライブに行ってて、その流れでメシ食いに行こうっていうのなら、パイプもできるかもしれないけど、どっかで会っていくうちに、「あ、ホリプロコムなんだ」ってなって、何回か会ってって「御飯食べに行かない?」ってならないんだよね。

日村勇紀:賞レースとかでも、もちろん決勝行ったり、優勝して欲しいけど、そこまで行けないもんね。ウチの事務所のヤツって。なんでか分からないけど。

設楽統:別に賞レースで活躍しなくても、何かで名前が上がったり、「なんか会うなぁ」っていうのあるじゃん。

井戸田潤:三四郎・小宮とか。

設楽統:(バイきんぐ)小峠だってそうじゃん。初めは知らなくても、なんとなく会ってるうちにね。

若手芸人へのメッセージ

設楽統:三村さんも、どう考えてるんだろうね?「変える」って。

日村勇紀:三村さんも寂しかったんだろうね。『アメトーーク!』観てて、小沢がフィーチャーされてて、「なんでここにホリプロコムのヤツらがいないんだろうな」って。

井戸田潤:ああ。

日村勇紀:それは思うよ。

設楽統:日村さんも、『とんねるずのみなさんのおかげでした』のハワイっぽいもの全部買うでも、最後に「若手にこの姿を見せたい」って。

井戸田潤:言ってた。「俺みたいになれよ」って。

設楽統:自分たちがテレビ観てた、憧れのとんねるずさんっていうのがやっぱり大前提としてあって。

日村勇紀:そうそう。

設楽統:要は、画面上、日村さんが買い物するのにとんねるずさん2人が付き合って…っていうのが、ハワイでできるんだってことに関してのメッセージだからね。

日村勇紀:うん。

設楽統:せっかく芸能界に入ってきて、みんな人それぞれ考えは違うかもしれないけど、「テレビに出て、有名になって」とかってみんな思って始めるわけじゃん。

井戸田潤:はい。

設楽統:だから、「もっとガツガツ行けよ!」とか「せっかくやるなら、勝負してみろよ」とか思うじゃん。でも、こればっかりは本人の気持ちだったり、タイミングや運もあるし…って思うけど、そういう風にやらなきゃっていうね。

日村勇紀:どっかで、グってやらなきゃっていうのが、弱いよ。

設楽統:そういうメッセージだったんだよね。

【関連記事】
さまぁ~ず・三村「所属事務所について語る」

バナナマンは事務所の後輩芸人に恐れられている

千原ジュニア、松本人志・明石家さんまに対する事務所の態度に疑問「腫れ物に触るような」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : バナナマン,設楽統,日村勇紀,三村マサカズ,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン
次の記事:バナナマン設楽、若手芸人が売れるためにすべきたった1つのこと「面白いネタを作る」

前の記事:バナナマン設楽、安達祐実の再婚を悲しむもスピワ井戸田潤に彼女がいると明かす「食事に彼女連れてきた」