TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ よゐこ 「和田アキ子にダメ出しされていた若手時代」

よゐこ 「和田アキ子にダメ出しされていた若手時代」

2009.09.26 (Sat)
ゲームセンターCX COMPLETE2009年09月25日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、よゐこの有野晋哉、濱口優の和田アキ子との接点について語られていた。話の発端は、リスナーからのネタで、「和田アキ子がキングオブコントを評価した場合、芸人たちに対して『分からん。どこが面白いのか、ちっとも分からん』などと言ってしまうのではないか」といった内容が投稿されていた。

加藤はこのことに関連して、「たしかに、アッコさんは言っているよね。若手芸人とかのネタを観たときに。『分からん、ウチ、分からん』って言って。…そういえば、よゐこも目の前でネタをやらされていたらしい」と話していた。

今でも『アッコにおまかせ!』に準レギュラーとして出演しているが、若手芸人であった頃も、よゐこは出演させてもらっていた。加藤は「それでさ、アッコさんに『お前ら、芸人なんやろ?何かネタやれよ』と言われて、やらされたらしいんだ」と語っていた。

だが、状況的にその要求は、以下のように簡単に飲めるようなものではなかったようだ。

「やらされるのが、(生放送の)CMの合間とかなんだよ。そこで、客前でネタをやらされる。『やれよ』って言われてね。それで、よゐこは若手だし、やらざるをえなかった」

「それでね、結構、客にもウケてるんだよ。笑いをとってさ、良い感じに終わった。でもさ、アッコさんは『おい、お前ら。それの何が面白いの?分からん。ウチ、ちっとも分からん。分からん』って言うんだって。たしかにさ、あいつらのネタは、シュールなのが多いよ。でもさ、客にはウケてるんだよ?」

「面白さは、自分でみつけてください…」
この一言で、加藤はこの話を終わりにしていた。

【関連記事】
品川庄司・品川と、加藤浩次の不思議な関係

マツコデラックス 「NON STYLEに売名行為に使われた?」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 加藤浩次,和田アキ子,よゐこ,有野晋哉,濱口優,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:伊集院光 「芸人の立つべきスタンスとは」

前の記事:加藤浩次 「妻とのマンネリの解消法」

本日の注目記事