TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、笑組・かずおやフォークダンスDE成子坂・桶田ら懐かしい面々に遭遇「俺、死ぬな」

伊集院光、笑組・かずおやフォークダンスDE成子坂・桶田ら懐かしい面々に遭遇「俺、死ぬな」

2015.01.20 (Tue)
2015年1月19日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、笑組・かずおや、フォークダンスDE成子坂の桶田敬太郎らに偶然遭遇したと語っていた。

ファミ通と僕 2000-2002
ファミ通と僕 2000-2002 (ファミ通BOOKS)

伊集院光:今週の火曜日に、防音のところに(伊集院光、ネットラジオ用の防音室作りのためショールームを訪れてドン引き「オジさんが防音室で泣いて叫んでた」)行ったわけですよ。本当はみっちり打ち合わせする予定が、ほぼ喋ることなくなっちゃったんで(笑)

「パンフレットをください」なんて言って、パンフレットだけもらって帰っちゃったから、ヒマになっちゃって。やることねぇなってなったわけ。やることなくて、家に帰る途中で、「このまま帰っても、二度寝になっちゃうし」なんて考えつつ、そういう時にやるのが、来たバスに乗っちゃうっていう。

それに乗ったら、なんだかんだで、新宿に着いたわけですよ。新宿に着いて、行きつけの自転車屋で…行きつけって言っても、「買っちゃおうかな、マジで買おうかな。これ、明日来て、また同じ気持ちだったら、買おうかな、そうしよう」ってことを繰り返して、結果、買わないお店があるんですけど。

そこに行って、それでもやることないやってなって。道路の角のところで座って、スマホを覗いたりとかしてたら、急に「伊集院!伊集院!」って言われて。ちょっと、輩っぽい感じなわけ。

輩だったら嫌だなって思って、反射的に向いちゃった方にいた声の主が、全然、見覚えのない、輩っちゃあ輩っぽい人だったんだけど、「俺、俺。俺だって」って感じで、かなり近づいて分かったのが、俺が20歳くらいから25歳くらいにかけて、割りとよくつるんでた、お笑いの「笑組(えぐみ)」…マセキ芸能社で、ウッチャンナンチャンの同期かちょっと後輩くらいの漫才のかず(かずお)君っていう。

笑組は、バリバリとテレビに出るタイプじゃないんですよ。それで、今も現役なんですけど、現役で46歳で2人とも漫才をやってるんですけど。昔、笑組がテレビに出てる頃は、かず君っていう、笑組の痩せてる方、シュッとしてて、ジャニーズ系は言い過ぎだけど、お笑い界では男前の方。

それで、かず君より親交のあった、ゆたおっていう(注釈:現在、芸名を「ゆたか」に改名している)…本名は、伊藤豊なんですけど、芸名で"ゆたお"っていう…要らなくね?その一文字だけ芸名にするヤツ、でお馴染みの(笑)

ゆたおっていうのが、100 kgくらいあって凄い太ってて。それで、かず君がシュッとしてたんですけど、ゆたおがどんどん痩せて、かず君がどんどん太っていったせいで、多分、今、かず君が100 Kgくらいあって、ゆたおがガリガリっていう(笑)よく分からないヤツなんだけど。

20年ぶりくらいじゃないかな。ゆたおですら…ゆたおの方が凄い仲良くしてたんですけど、ゆたおですら、17~8年は会ってないんですよ。かず君は、20年くらい会ってなくて。その運命的な感じっていうか。

たまたま、防音工事のオジさん(伊集院光、ネットラジオ用の防音室作りのためショールームを訪れてドン引き「オジさんが防音室で泣いて叫んでた」)が泣いてなければ、僕はまだ防音工事の話をしてたと思うんですよ。まして、足立方面からバス2回乗りましたから。一旦、池袋に来て、その後、もう一回、新宿に行くっていうバスのタイミングが合わなければ。

ましてや、自転車屋さんに行こうかな、行くまいかなって思って、結局、行って。さらに、そこでやること無くなって、途方にくれて座ってるってタイミングじゃなきゃ会わないから。スゲェなって。

俺の中で八木一夫(かずお)は、申し訳ないけど忘れかけてた存在なんだけど。八木一夫に関して思い出すときっていうのが、必ず俺の中であって。字画の少ない簡単な名前っていう。4文字感じ使って、こんなに字画の少ないヤツいる?(笑)

だから、字画が少ないってキーワードの時に、必ず八木一夫が…痩せてる頃の八木一夫が必ず笑うくらいの感じだったんだけど。スゲェ偶然だなって。

向こうはこの後、新宿の末広亭っていう演芸場に出る、彼らの日常。だから、偶然感も向こうは一ランク下なんですけど、俺からしてみれば、そこに座り込んでることなんか、まずないし。今日の予定としては、そこに行く予定がないから。「こんな偶然ってあるか?」っていう。

それで、その後、久々に人に会うなって。こういう偶然の後って、まあ死ぬよね。映画で言うところの死ぬヤツじゃん。刑事が、溝で脳が出て死んでる俺を見つけた刑事が、「なぜ、テレビ出てるタレントがこんなことをしてたんだろ?」って思って、色々たどっていくうちに八木一夫のところに聞き込みに行って。「そういえば、こんなところにいるはずがないんだけどなぁ」くらいの偶然じゃん。

それで、木曜日に名古屋の番組があって。いつも、木曜なんか撮らないんですよ。撮る曜日は、火曜日が多いんですけど、今回、キャンプ前だからイレギュラーで木曜日に撮りますってことになって。

しかも、VTRとかはキャンプに行って撮る分があるから、2月の頭まで撮らないんで、その振りばっかり撮ってて。ほとんどやることないのに、名古屋に行って帰ってくるだけで。それで、帰ってくるだけっていうのもなんだから、スタッフとご飯食べに行くってことになって。でも、まだ手が空かないスタッフもいるから、ちょっと待ってるところに、廊下ですれ違ったのが、フォークダンスDE成子坂・桶田(敬太郎)くんで。

ウチのカミさんがテレビでやってた唯一のレギュラー番組。俺と出会った番組で、一緒にフォークダンスDE成子坂がレギュラーをやってたの。まあ、売れるの早かったんだよね。ボキャブラブームに乗って、ドンって行ったんだけど、桶田くんっていうネタ書いてる方が、ストイック過ぎ…俺に言わせれば天才だったせいで、「この程度ではやってらんない」ってなっちゃったみたいで。イケるって時に辞めちゃって。

残念なことに、桶田くんの相方の村田(渚)くんって子は、お笑いやってたんだけど、病気で亡くなっちゃったのよ。若くして亡くなっちゃって、音信不通だったんだけど。たまたま…この業界内で裏方をやってるとは聞いてたんだけど。それだったら、もっと会ってそうじゃん。この20年間で。

バッタリ会って。「久しぶり」ってなって。火曜・木曜で、こんなに久しぶりな人に連続で会って。いよいよ、週末あたりにもう一人会って、死ぬなって。本当にちょっと、イヤだなって思いながら暮らしてたんだけど、良い感じの人に会わないんだよね(笑)

【関連記事】
爆笑問題「ネタがウケる/ウケない時の違い」

爆笑問題、芸能界を干されるきっかけとなった元マネージャーとの事務所独立の裏側

爆笑問題・太田、弱冠25歳でビートたけしの代理を行うという極限の緊張でも堂々と放ち続けた毒舌


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,笑組,ゆたか,フォークダンスDE成子坂,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、ラジオDJとしての育ての親・安岡喜郎という存在「この人には、頭が上がらない」

前の記事:伊集院光、ネットラジオ用の防音室作りのためショールームを訪れてドン引き「オジさんが防音室で泣いて叫んでた」