TOPヤングタウン土曜日 ≫ 明石家さんま、『ベイマックス』に感動して泣く「内容的には『アナ雪』より好きだった」

明石家さんま、『ベイマックス』に感動して泣く「内容的には『アナ雪』より好きだった」

2015.01.18 (Sun)
2015年1月17日放送のMBS放送のラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(毎週土 22:00-23:30)にて、明石家さんまが、映画『ベイマックス』を観に行って、感動して泣いてしまった、と語っていた。

ベイマックス [Blu-ray]
ベイマックス [Blu-ray]

明石家さんま:『ベイマックス』、泣いたよ。

村上ショージ:ウソっ。

飯窪春菜:泣けました。

明石家さんま:ショージ、泣く泣く。『ベイマックス』観たら。

飯窪春菜:はい。

明石家さんま:作品的には、『アナと雪の女王』より良いよ。

飯窪春菜:内容的には。ストーリーとか。

明石家さんま:『アナと雪の女王』みたいに大騒ぎにならないだろうけど、内容的には、こっちの方が好きやったわ、『ベイマックス』。

村上ショージ:へぇ、アニメで泣けますか?

明石家さんま:アニメ、一番泣くやんけ。

村上ショージ:ああ、そうですかね。

明石家さんま:ドラマ観ると、人間が芝居やってはるやんか。でも、俺なんか、全員、知り合いなんで。

飯窪春菜:ああ。

明石家さんま:これが不幸なことに。それに、自分もドラマかなりやってるから、「このシーン、大変やったろうな」とか。

飯窪春菜:ああ。

明石家さんま:「ニューテレスか、このカメラは」とか。

鞘師里保:入り込めない。

村上ショージ:そっちを見るんですか。

明石家さんま:そうなってしまうねん。知り合いが泣くシーンとか、感動的なことを言ったりするんやけど、「ああ、上手い」とか。

鞘師里保:ふふ(笑)

明石家さんま:感情入れるより…

飯窪春菜:そういう視点で見ちゃうんですね。

明石家さんま:そう、そう。俺なんかは、アニメとか感情移入しやすくて、泣くねん。

村上ショージ:へぇ。

明石家さんま:だから、今までで一番泣いたのが、『ツヨシしっかりしなさい』って映画で。これは、IMALUが小さい時に観に行って。子供たちはゲラゲラ笑ってたのに、俺だけ泣いてたっていう。

飯窪春菜:へぇ。

明石家さんま:それで、みんなに「へへっ、ボスも泣くんだ」って言われて(笑)「泣く時もあるわ、アホ」って。そういうもんですよ。

飯窪春菜:ふふ(笑)

明石家さんま:ただ、『ベイマックス』は非常に感動したっていうことですよね。将来、ああいうの(ケアロボット)が出来るか分からないからね。

飯窪春菜:そうですね、ケアロボットいいですね。

明石家さんま:それで、日本人が主役っていうのが嬉しいよな。

飯窪春菜:そうですね。名前とか風景とか桜とかあって。

明石家さんま:アレは、ディズニーが日本を主役に映画作ってくれたっていうのが、日本人としてありがたいよね。やっぱり、ロボットは日本やねんな。

【関連記事】
明石家さんま、東出昌大から貰った漫画『アオハライド』をモー娘。飯窪春菜から読むよう説得される

明石家さんま、芸人が泣いてはいけないという教えについて「俺らは笑いを提供するためだけに、この仕事を選んでる」

明石家さんま、ドラマ『地獄先生ぬ~べ~』出演に「人生最後の出演作が『ぬ~べ~』で悔しい」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,ベイマックス,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ヤングタウン土曜日
次の記事:千原ジュニア、井上尚弥がオマール・ナルバエスから1Rでダウンを奪った瞬間「大橋会長以外、全員が驚く」

前の記事:明石家さんま、桂文枝に「『いらっしゃ~い』やれよ」と素人時代に言っていた「1週間後に弟子入り」