TOPワイドナショー ≫ 博多大吉、良いひな壇と悪いひな壇の違いを解説「言いたいことを言えない悪いひな壇」

博多大吉、良いひな壇と悪いひな壇の違いを解説「言いたいことを言えない悪いひな壇」

2015.01.14 (Wed)
2015年1月11日放送のフジテレビ系の番組『ワイドナショー』(毎週日 10:00 - 10:55)にて、お笑いコンビ 博多華丸・大吉の博多大吉が、バラエティ番組でのひな壇には、良いものと悪いものがあり、その違いについて解説していた。

わたしと野菜のおいしい関係―知って、作って、食べて
わたしと野菜のおいしい関係―知って、作って、食べて (趣味Do楽)

東野幸治:博多華丸・大吉さんは、色んな番組にゲストに出てますけども…

博多大吉:是非、松本さんとかには、色んな番組に出ていただいて、「こういうやり方があるんだ」っていうのを教えていただきたくて。お2人は、ひな壇とかないですよね?

松本人志:ひな壇はないかな。

ヒロミ:俺も、ひな壇はないかな。

博多大吉:僕らはまだひな壇にいるんで、ひな壇にも、良いひな壇と悪いひな壇があって。

東野幸治:教えてください(笑)

博多大吉:良いですか?言って。

ヒロミ:良いよ、良いよ(笑)

博多大吉:良いひな壇は、好きに喋れるんですけど、悪いひな壇は、スタッフさんが想定した言葉を言わない限り、終わらないんですよ。

松本人志:ああ、はいはい。

博多大吉:ずっとカンペが出るんですよ。同じカンペが。

東野幸治:そう、そう(笑)

博多大吉:だから、違うことを言おうとするんですけど、許してくれないんですよ(笑)

東野幸治:たとえば、「嫁の話お願いします」ってずっと出されてて。でも、そんな空気じゃないから、見えてないフリをして喋ってるんですけど、パって見たら、まだずーっと(笑)

博多華丸:僕があったのは、「アタックチャンス」ってカンペが出て。

松本人志:「言ってくれ」って。

博多華丸:はい。

東野幸治:でも、それひな壇全体に見えてるやん。

博多華丸:はい。そうですし、そのタイミング、絶対にチャンスじゃないんですよ。

東野幸治:はっはっはっ(笑)

松本人志:アタックピンチやもんな。

博多華丸:最終的に、赤の太字で「アタックチャンス!」って書かれて。赤のカンペ、初めて見ましたよ。

松本人志:誘導やな。

【関連記事】
東野幸治「お笑いブームの終焉とひな壇芸人の変化」

土田晃之が語る、仕事が多く回ってくる芸人の特徴「ひな壇芸人は、助け合いの精神」

水道橋博士「テレビサイズの枠にハマった芸人ばかりの現在」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 博多大吉,松本人志,東野幸治,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ワイドナショー
次の記事:松本人志、テロップ多用の先駆け番組『HEY!HEY!HEY!』について「トーク慣れしてないミュージシャンのため」

前の記事:博多大吉、『ダウンタウンDX』がほぼノー編集で収録されていたと証言「最初はキツネにつままれた思い」