TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ・小木 「セレブな乗馬をする」

おぎやはぎ・小木 「セレブな乗馬をする」

2009.09.21 (Mon)
宇田川フリーコースターズ童謡集「みなさんのうた」(DVD付)2009年09月15日放送の「おぎやはぎのメガネびいき」にて、乗馬をしにいった時のことを話していた。話の発端は、小木が奥さんである森山奈歩、アンジャッシュの児嶋一哉たちと山梨の小淵沢に行ったことだった。そこで、乗馬をすることになった。

「乗馬は…興ざめだったね。以前は、森山家の知り合いの乗馬クラブだったし、時間も短かったから…1時間半くらいだよね。そのくらいだったから、安かったのよね。でも、今度は4時間乗ることにした。児嶋さんと、その女友達たちとね。その4人で行ったわけ」

「まぁ、料金訊くのはイヤじゃん。知り合いに紹介してもらったわけだし。それで、森の中を歩かせてもらえるの。そのままランチにも行けるんだよ。そこから2時間、また森の中を歩いて行った。そうしたら、その料金が、20万円なのよ」と話していた。

この料金を見た小木たちのリアクションは、以下のようなものだったそうだ。

「ハァ!って思ってさ。乗馬ってこんなに高いものだなんて、知らなかったよ。どうりであんまりやる人がいないんだって思って。たしかに、客がいないんだよ。まぁ、乗馬ってセレブな感じがするけどね」

「また田舎だからさ、安いものだと思っててさ。でも、最初に児島さんの所に請求書がいったんだけど、その請求書を見ていた児島さんの手は震えていた」と小木は話していた。

「まぁ、震えるよね。ビックリしちゃったよ。奈歩(奥さん)は『一人5,000円だと思っていた』って言ってたけど、そんな感じなのよ。アットホームだし。少し汚れていて、そんなに高級感は無い。それなのに20万円だよ」

「児島さんもビックリしちゃって、『カード使えますか?』っていって。『乗馬…止めようか』みたいなことになった。一人5万円だよ。よくよく考えてみれば、ただ森の中を歩いているだけだよ。それなのに4人で20万円って…やっぱり、贅沢な遊びだよな」と小木はショックな体験について語っていた。

【関連記事】
おぎやはぎ・矢作 「酒井法子の騒動の余波を受けて迷惑」

おぎやはぎ・矢作が語る「くりぃむしちゅー上田」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,小木博明,アンジャッシュ,児嶋一哉,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:おぎやはぎ・小木「アンジャッシュ・児島がダメな理由」

前の記事:加藤浩次 「美容院で屈辱を受ける」