TOPおぎやはぎのメガネびいき ≫ おぎやはぎ矢作、AKB小嶋陽菜の『みなさんのおかげでした』での放送NGシーンを明かす「両足を持って上げる」

おぎやはぎ矢作、AKB小嶋陽菜の『みなさんのおかげでした』での放送NGシーンを明かす「両足を持って上げる」

2014.12.26 (Fri)
2014年12月25日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(毎週木 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼が、『とんねるずのみなさんのおかげでした』のスペシャル番組での「水落オープン」で、水中に落とされたAKB48・小嶋陽菜を桟橋へ引き上げるシーンで、放送NGとなった場面について語っていた。

おぎやはぎ BEST LIVE 「JACK POT」
おぎやはぎ BEST LIVE 「JACK POT」 [DVD]

矢作兼:今日、『とんねるずのみなさんのおかげでした』が、ハワイのヤツやってたみたいだね。

小木博明:はい、はい。

矢作兼:「水落オープン」ね。

小木博明:やってましたね、スペシャルで。

矢作兼:アレやって、今日、こじはる(小嶋陽菜)のヤツがアルバトロス(笑)あの大会の中でも、なかなかの(笑)さすがにオンエアされてなかったね。俺が脚持ち上げたところは。

小木博明:ふふ(笑)リアクションだけだったね。

矢作兼:俺が、脚を持ち上げた瞬間、切り替わって。そんないやらしい意味じゃないよ。普通だったら、よじ登ってくるのに、全てを委ねるわけ。だから、どうやって持ったら良いか分からないから、両足を持ち上げて、運ぼうと思ったんだけど(笑)

小木博明:桟橋に乗せるときにね。

矢作兼:その時に、物凄い湧いたんでしょ?モニタリングルーム(笑)

小木博明:湧いたよぉ。物凄い湧いたよ。切り替わって、リアクションになったけど、凄かったなぁ、アレは。

矢作兼:はっはっはっ(笑)

小木博明:アレは映せないか、さすがに(笑)

矢作兼:ふふ(笑)

小木博明:アレは映せないね。だから、アレは矢作凄いなって話にこっちはなってたから。「矢作、良くやってくれた」と。

矢作兼:いい仕事した、と?(笑)

小木博明:よく見せてくれた、と(笑)さすがにアレは映せなかったね。可愛かったよ(笑)

矢作兼:でも、こじはるの良いところは、「もう、ちょっとやめてください~」くらいなんだよね(笑)

小木博明:その程度なんだよね。

矢作兼:そうそう。その辺のサービスカットみたいなのは、大丈夫なのね。良い子なんだよ、こじはるは。

小木博明:良い子だったね。

矢作兼:そういえば、こじはる水曜日に、日テレの楽屋に来たね。

小木博明:珍しく来たね。ああいうの、なかったでしょ?

矢作兼:あんまりいないね。そういう女のタレントさん。トントンってなんだろうと思ったら、こじはるが「おぎやはぎさぁ~ん」って。「何?何?」って訊いたら、「楽屋見つけて。廊下歩いてたら、誰かが『おぎやはぎ』って言ってたから、いるんだって思って」って。

小木博明:凄いよね。

矢作兼:またエロい格好してたね。

小木博明:超短いスカートで。パンツが見えるくらいでね。アレ、何だろうね、楽屋に来て。なんかしようとしてるのかな?楽屋に来るって、おかしいもんね。

矢作兼:はっはっはっ(笑)あんな格好で楽屋に挨拶に来るってことは、何かしようとしてるってこと?

小木博明:なんかあるでしょ。

矢作兼:はっはっはっ(笑)頭おかしいだろ、そんなタレントいたら。

小木博明:俺、パンツ一丁だったんだよね。

矢作兼:俺もそうなの。着替えてたの。

小木博明:スゲェ喜んでたじゃん。「なんですか、その格好」って。

矢作兼:大体、女の人のタレントさんって、ノックして挨拶に来て、俺らも格好とかそんな気にしないじゃない?男って。それで「どうぞ」なんて言って、開けた時に「きゃっ!」とかやるんだけど、こじはるの場合は、「あぁ~2人ともパンツ一丁だぁ」って、全然閉めないからね(笑)

小木博明:凄いんだよね、あの子。

【関連記事】
おぎやはぎ小木、AKB小嶋陽菜が小木への批判を回避させようとした優しさに「こじはるは優しいね。本当に良い子」

おぎやはぎ小木、AKB小嶋陽菜のサパークラブでの誕生会報道に「普段、自分らが下品なショーしてるからね」

バカリズム、AKB・小嶋陽菜らのセクシーユニットに「オカーズ」と命名


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : おぎやはぎ,矢作兼,小木博明,小嶋陽菜,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  おぎやはぎのメガネびいき
次の記事:おぎやはぎ小木、石橋貴明にハワイでのアクティビティを提案して感謝される「小木くん、ありがとね」

前の記事:岡村隆史、亡くなった角銅ディレクターへのメッセージ「今日は角銅さんに捧げた年内最後の放送」