TOPライオンのごきげんよう ≫ 明石家さんま、関根勤を爆笑させた名言「ハニートラップが月に2回とは…普通、月に1回やろ」

明石家さんま、関根勤を爆笑させた名言「ハニートラップが月に2回とは…普通、月に1回やろ」

2014.12.26 (Fri)
2014年12月24日放送のフジテレビ系の番組『ライオンのごきげんよう』(毎週月 - 金 13:00 - 13:30)にて、お笑い芸人・関根勤が、明石家さんまのとある名言について語っていた。

さんまのまんま 永遠のスター編
さんまのまんま ~永遠のスター編~ BOX2[DVD]

関根勤:袋とじっていうのは、要するにスペシャル感じゃないですか。パラパラめくってて見えるよりも、一手間あるっていう。

小堺一機:切らなきゃ見えないからね。

関根勤:そう。そのいつものレギュラーページよりは、上でなきゃいけないはずなんですよ。

明石家さんま:はっはっはっ(笑)

関根勤:ところが、「元お天気お姉さん」とか、全然知らないどっかの地方の局アナの人の袋とじを開けて中を見ると、まあ大したことないの。

小堺一機:ふふ(笑)

関根勤:ほとんど露出してないのよ。その人、知らないし。露出もしてないし。一手間要らないって。

明石家さんま:一手間要らないんじゃない、それ引っかかる方が悪いんやろ?袋とじを一生懸命開けて見ようととするあなたが。

関根勤:だから最近はもう、開けません。

明石家さんま:はっはっはっ(笑)

小堺一機:買っても?

関根勤:だから、開けないの。勘で分かるの。「元○○」ってあったら、「この人、大した露出じゃない」って思って、厚いままめくって、「俺の勝ちだ」って。

小堺一機:俺、誘惑に負けないぞって?(笑)でも、なんでもそうだけど、「見ちゃダメだよ」って言われたら見たくなったり。

明石家さんま:俺は見ない。週刊誌に出た(一緒に撮られた)子は、ほとんど袋とじになってるんですよ。もう、イヤなの。大体タイトルが、「さんちゃんごめんなさい」って。ワケ分からへん(笑)別に謝らなくて良いしな。

関根勤:さんまさんの名言。俺、本当に笑ったよね。

明石家さんま:何がですか?

関根勤:「月に2回、ハニートラップがあるとは思わなかった。普通、月に1回やろ」って。その理論も分からないんだけど(笑)

小堺一機:月1回なんて決まりないよね(笑)

明石家さんま:普通、人生に1回か2回やろ。トラップにかかるなんってことは。2週間に2人って、俺のデータになかったもん(笑)

関根勤:ハニートラップにかかっても、その後のトークが面白いから、プラスになっちゃうの(笑)

明石家さんま:なってない(笑)

関根勤:普通の人は、イメージマイナスになるんだけど、グイグイ上がってくのよ。

小堺一機:皆さん、気づいてる?

明石家さんま:何を?

小堺一機:今、関根さんの話なのよ。知らない間に、さんまさんの話になってるから(笑)

明石家さんま:関根さん、終わったんやないかい。それに乗っかった話をしてるんやから。お前、いつも俺が話奪ってるみたいに言うけども(笑)

【関連記事】
明石家さんま、『からくりTV』終了の取材にきたFRIDAY記者とのやりとりを明かす「またハニートラップか?」

ウーマン村本、ベッキーとの密会記事を最後にFRIDAYを辞めた記者へ「送別会に花を贈った」

明石家さんま、ハニートラップに引っ掛かりやすい理由を明かす「女性の愛に飢えてる」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 明石家さんま,関根勤,小堺一機,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ライオンのごきげんよう
次の記事:岡村隆史、和田アキ子と大阪での仕事の行き帰りで遭遇「また『チューして』と言われる」

前の記事:明石家さんま、写真誌『FRIDAY』に好意的に思われてるからこそ困ること「怒ってるのに喜んでるように書かれる」