TOPナイナイのANN/岡村隆史のANN ≫ ビートたけし、THE MANZAIで博多華丸・大吉が優勝したことに「漫才が一周したんじゃないか」

ビートたけし、THE MANZAIで博多華丸・大吉が優勝したことに「漫才が一周したんじゃないか」

2014.12.19 (Fri)
2014年12月18日放送のニッポン放送系のラジオ番組『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(毎週木 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、THE MANZAI 2014で同期の博多華丸・大吉が優勝したことについて、ビートたけしが語っていた内容について明かしていた。

Singin LoudII
COLEZO! Singin LoudII

岡村隆史:博多華丸・大吉がドッカンドッカンとウケてるのを観て、鳥肌が立つというか。凄いなって思って。自分らではできないですよ。漫才もよう作らんし、凄いカッコええなぁって思って見てたんですよ。

終わった瞬間、「これ、行くぞ」って思ったんですけど、案の定、ダントツじゃないですか。凄いなぁって思って。たけしさんと一緒に話をしてたんですけど、「戻った」と。ホンマに、「漫才が一周したんじゃないか」と。

出尽くして、漫才っていうのがゼロに戻ったんじゃないか。それを、博多華丸・大吉がやったんじゃないか」って話になって。不思議なんですけど、あの博多華丸・大吉がネタをやった瞬間、決勝って、大会の空気じゃなくなったと思うんですよ。

それまでは、1回戦・2回戦もそうですけど、THE MANZAIってコンテストっていう空気が流れてたけども、華丸大吉がネタをやると、コンテストの空気がフワって消えて、お客さんの緊張もフワってとれて。寄席というか、劇場で華丸大吉が漫才をやってて、「漫才を見てます」って空気が流れて。

決勝もそんな感じで。お客さんの緊張がフワーってとれて。ホンマに寄席を見てる感じになったんちゃうかなって思って。ホンマに良かったなぁって思って。

【関連記事】
ビートたけし、THE MANZAI優勝の博多華丸・大吉を絶賛「ゆっくりと誰にも分かるやり方で笑いとれるのは、力が違う」

南キャン山里、THE MANZAI 2014で売れる芸人はトレンディエンジェル「テレビでのやりとりが完璧だった」

岡村隆史、THE MANZAI決勝で博多大吉が直前にネタを変更したと明かす「漫才がわざとらしくならないように」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 岡村隆史,ビートたけし,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  ナイナイのANN/岡村隆史のANN
次の記事:岡村隆史、THE MANZAIにおける世代間での漫才の違いを分析「詰め込み教育のゆとり漫才、ゆとり教育の詰め込み漫才」

前の記事:岡村隆史、THE MANZAI決勝で博多大吉が直前にネタを変更したと明かす「漫才がわざとらしくならないように」