TOP未分類 ≫ 離婚3日後に千秋ネタを放映されてしまったココリコ遠藤

離婚3日後に千秋ネタを放映されてしまったココリコ遠藤

2008.01.01 (Tue)
2007年12月31日放送の「絶対に笑ってはいけない病院24時」にて、28日に離婚届を提出したココリコ遠藤と千秋が出演していた。収録は28日よりも前であるため、事実上は『夫婦』としての登場である。

本編収録や観覧客を交えてのVTR視聴収録、編集作業などがあったため、遠藤夫妻の離婚があったとしてもカットすることは出来なかったであろうし、以前までのシリーズの中では、千秋がVTR出演や遠藤が「千秋LOVE」と書かれたTシャツを着たり、千秋のポラロイド写真が登場するくらいだった。

しかしながら、今回は内科教授の総回診にともなう看護師や、引き出しの中の写真、イベント中に歌うといった多くの登場シーンがあったりと、たとえ編集作業が時間的に余裕があっても、カットすることはできなかったであろう。

そのため、視聴者は「もはや夫婦ではないんだよな…」という微妙な感情で二人のやりとりなどを観ることになったと思われる。離婚届の提出や発表の時期などを、もう少し先延ばしにしていれば視聴者に"違和感"を与えずに済んだと思われるのだが。番組のことを考える余裕もないくらいに、二人は精神的に追いつめられていたのだろうか。

【関連記事】
伊集院光 「すべらない話」出演内容

サンドウィッチマン M-1優勝のせいで「めちゃイケ出演」を逃す

同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  未分類
次の記事:若槻千夏と飯島愛の引退理由の共通点

前の記事:伊集院光 「すべらない話」出演内容