TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、ヤフオクでプリントゴッコを競り落としてみた「意外にも本体より高騰している付属品」

伊集院光、ヤフオクでプリントゴッコを競り落としてみた「意外にも本体より高騰している付属品」

2014.12.09 (Tue)
2014年12月8日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、プリントゴッコで刷った年賀状をリスナープレゼントしようかと思ったが、倉庫にあったのはプレゼントの箱だけで、プレゼントすると言ってしまった以上、プリントゴッコを手に入れる必要があり、ヤフオクで競り落とすことにしたと語っていた。

ファミ通と僕 2000-2002
ファミ通と僕 2000-2002 (ファミ通BOOKS)

プリントゴッコの箱を開けると…

伊集院光:プリントゴッコの箱を、何年ぶりかに開けようと思って。よくよく考えたら、電池とか入れっぱなしだと、液漏れして使えなかったりするじゃん。「ヤベェ、告知もしちゃったのに」って思ってさ。

最悪なことしか思い浮かばなくて。せっかく出したら、電池の液漏れでデレデレで使えなくて。何年かぶりに、スペシャルウィーク企画らしきことをやりますって番宣までやってさ。結局ダメって、マズイじゃん。

そこまで悪いことねぇだろって思って中を開けたら、中に東京パフォーマンスドールのCDがギッシリ入ってて、プリントゴッコは入ってないんだよ(笑)とうの昔に、本体は捨てていたっていう(笑)

若いなぁ、穴井夕子って思って(笑)篠原涼子と市井由理、結構、仲悪かったな、みたいな。最初は市井由理が『DA・YO・NE』でいったんだけど、その後の篠原涼子の巻き返しと、さていずこへ市井由理、みたいな(笑)

その感じを思いながら、ゆっくりプリントゴッコの黄色い蓋を閉めて。「どうしよう…」って思って。倉庫まで行きは歩いて20分くらいかかるから、カミさんがクルマで送ってくれてさ。それで、倉庫の下に降りて。手ぶらじゃん。別に、東京パフォーマンスドールのCDも聴きたくないし。東京パフォーマンスドールのレーザーディスクとかあったけど(笑)

それで帰ってきて。カミさんは、珍しくスペシャルウィークをやろうと思って上がって行ったときと、帰ってきた時の表情が違っちゃってるから。「どうしたの?」って訊いてきたけど、「なんでもない…」って(笑)

「いいから、一旦、家に帰ってくれ」って言って。そしたら、ラジオでちょうどそこに、昨夜録ったばかりの告知が流れてるわけ。「プリントゴッコで作った年賀状をあげます!」みたいな。「あげないよ。プリントゴッコ無いんだから。プリントゴッコが無いんだから。なんで録ったら流しちゃうかな」って。

プリントゴッコを求めてヤフオクへ

そっから大変だよ、プリントゴッコ買うのが(笑)あのね、捨てた物を買うのって、最悪だよ。プリントゴッコ、一度捨ててんだよ、間違いなく。それをヤフオク探してさぁ。「泥棒見つけて縄をなう」ですから。泥棒を見つけてから、タンポンをほぐして縄を作ってますから。大騒ぎですよ。

ヤフーオークションをみたら、色んな形のヤツ出てて。俺、ヤフオクをほとんどやらないから。そしたら、100円スタートくらいのヤツが、いくらになるのか分からなくて。あと、いくらで買うんだよ、一回、捨てたやつをって。

しかも、今どき、プリンターも猛烈値段下がっちゃって、1万円出したら、そこそのプリンター買えたりするじゃん。ましてや中古で買おうと思ったら。そんな最中、プリントゴッコ今更だよっていう状況じゃん。

そうしてる間にも、宮嵜Pはノリノリだからさ。ツイッターにも告知しちゃうわ、番宣も何度も流しちゃうしさ。永六輔さんの番組の途中も流したでしょ。永さんのリスナーと、つながってねぇって、この番組(笑)

それでさ、すぐに欲しいじゃん。すぐに手に入れないとどうしようもないからさ。即効で決めなきゃならないって思うわけ。とりあえず、一番残り時間少ないヤツが、100円スタートで動いてないんだけど。ヤフオク自体の経験があまりない中で、割りと終盤、締め切り寸前にダダダッって伸びるじゃん。

かといって、仕事も行かなきゃならないし、それを落とし損なって、また他のヤツを見るの大変だから、雑に「1万円」って書いちゃおうかなって。背に腹は代えられないから。「1万円って、プリンター買えちゃう値段だぜ」って思うけど、そこで駆け引きやってることができないから、1万円までで自動入札にして。

「もう、いいわ」って思って。仕事先でも、ちょっとずつ見てても、全然動かないんですよ。それで、3時間半くらいぶっ続けの特番の収録があって。その間、ドキドキで。プリントゴッコ、スゲェ富豪なヤツがきて、1万2円って入れられちゃったら、とられちゃうわけでしょ。そいつも凄い富豪で、オプラ・ウィンフリーあたりが、「実は家に帰ったら、プリントゴッコがなくて」ってぶつかってたら、アイツ、凄いカネ入れてくるはずだから。とんでもないヤツが来たらどうしようって思って。

それで、途中の休憩で見たら、入札3件って書いてて。ヤバイって思ったけど、細かいところ見れなくて。その後、すぐに仕事行っちゃったんだけど。それで戻ってきたら、競り落とせてたんだけど、その額が410円っていう(笑)

連絡して、「申し訳ありませんが、急いで使いたいので、すぐに送ってもらえませんか?」って送ったら、その人がすぐに送ってくれて。それで来たんだけど、そこから先が大変だったのは、プリントゴッコって、本体自体は全然安いの。

本体よりも高騰している付属品

本体は、ヤフオクでも捨て値で出てて。500円くらい出したら、まあ買えるような状況なんですよ。でも、プリントゴッコ世代の人は覚えてると思うけど、プリントゴッコって、1回原稿を作るために、電球が2個要るの。豆電球が光って、それで原稿を焼き付けるの。その電球が、使い捨てなんだけど、一回焼き付けると、2個終わりなの。

なんだけど、この電球の値段が、異常に上がってんの。プリントゴッコ全盛期の頃は、1個100円してないと思うんだよね。2個100円くらいで。10個のパックで、700円とか。安売りの店だったら、もっと安いみたいな状況だと思うんだよね。10個パック800円が定価で、安売りの店を探す、みたいな状況だったんだけどね。

これが異常なことになってて。電球10個で5,000円くらいするの。足下見てて。さらに、その特殊なフィルムみたいなのがあるの。自分で描いた原稿を焼き付ける先の青い透明のフィルムみたいなのがあって、これも高いの。1枚150円とかだと思ったけど、これも5枚パックで3,000円みたいなことになるの。

さらに言うと、インクが無いんだ。インクが全然無くて。送ってくれたセットの中に、台紙3枚と、電球4個が入ってて。それで4~500円で送ってくれるって、凄い良心的な人なんだ。でも、インクがほとんどなくて。

必要なインクをチョイチョイ買ってたら、大変なことになるぞって。インクで今度探してみたら、ヤフオクの中に、使いかけのヤツとか、あとは自分の家が文房具屋をやってたから、その売れ残りのヤツとか、店頭デモ用の試供品とかをまとめて、一山いくらで良いから、即決価格3,000円で買ってくれって人が出てて。

これだって思って。それを落として、送られてきたの。まさか120本入ってるとは思わないじゃん(笑)工場の量なんだよ。もう、ギッシリインクだらけなわけ。でも、そこでさらに困ったことに、インクが一般に買いだめしてた人が要らなくなって売るなら、基本的な三原色が多いはずじゃん。この人、元々業者だから、箱を開けてまずあったのが、萌黄色で。あとオレンジではない橙色、ブロンズみたいな色がごっそり出てくるわけ(笑)

何の絵描けば良いんだよ(笑)何の絵の年賀状を、俺は渡せば良いんだよ(笑)萌黄色、橙色、ブロンズですよ。…なんだろうなぁ、ダビデ像に、濃厚な卵黄をぶつけられた前に、草が生えてる年賀状かな(笑)酉年だったら、濃厚な卵黄をぶつけられてるってことで、少しかすってたなぁ、みたいな(笑)

そんな色ばっかりで。最初から出てきたのは、萌黄色、橙色、ブロンズって3個パックの色で。120本中、20本くらいが、その萌黄色、橙色、ブロンズのパックなわけ(笑)その後、多少は赤とか青とか出てきて、これだったらなんとかなるかなって。

次の記事へ続く:伊集院光、今さらプリントゴッコで年賀状を作ってみる「版下を1回失敗すると2千円弱が飛ぶ」

【関連記事】
伊集院光、日本郵便の年賀状印刷サービスCMへの疑問「『丸投げで』と日本郵便側が言うなら、年賀状要らなくない?」

伊集院光、うちわ問題で辞任した松島みどり大臣への的ハズレな追求を指摘「ヤフオクで5千円」

伊集院光「ドラクエXにおけるRMTの問題」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:伊集院光、今さらプリントゴッコで年賀状を作ってみた「版下を1回失敗すると2千円弱が飛ぶ」

前の記事:伊集院光、日本郵便の年賀状印刷サービスCMへの疑問「『丸投げで』と日本郵便側が言うなら、年賀状要らなくない?」