TOPたまむすび ≫ 『ゴッドタン』の佐久間宣行プロデューサーが語る、番組企画の作り方「ほんのちょっとの悪意と違和感」

『ゴッドタン』の佐久間宣行プロデューサーが語る、番組企画の作り方「ほんのちょっとの悪意と違和感」

2014.12.06 (Sat)
2014年12月4日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『たまむすび』(毎週月-金 13:00 - 15:30)にて、テレビ東京制作局制作番組部所属のテレビプロデューサー・演出家である佐久間宣行がゲスト出演し、多種多様で面白い企画をいくつも作り上げてきたその方法について語っていた。

できないことはやりません テレ東的開き直り仕事術
できないことはやりません ~テレ東的開き直り仕事術~

赤江珠緒:3年目でプロデューサーって、これは大抜擢でしょ。

ピエール瀧:凄いでしょ。

佐久間宣行:これはだから、本当に偶然ですよね。

ピエール瀧:何があったんですか?抱かれたんですか?(笑)

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

佐久間宣行:ふふ(笑)ちょうど僕が入社3年目くらいの時って、感動ブームというか、泣ける番組ばっかり。「感動をありがとう」みたいな時期で。

ピエール瀧:ああ。

佐久間宣行:それにちょっと、僕は違和感を感じて。「だったら、女性が1週間、自分の思い思いの泣けるもので合宿して、涙の量で1位をとった人が100万円」っていう企画を作ったら、それが面白いってなって。

赤江珠緒:うん。

佐久間宣行:それで、大好きだった伊集院さんにMCをやっていただいて。伊集院さんと、オダギリジョーさんと、オセロさんで。

ピエール瀧:オダギリジョーだけ、スゲェ異質なんだけど(笑)

佐久間宣行:ふふ(笑)4人で番組を作らせていただいて。

赤江珠緒:へぇ。

ピエール瀧:ちょっとカウンターなことって感じで。「テレ東だし、いっちゃおうか」みたいなことで。

佐久間宣行:そういうことだと思います。その時に多分、若いヤツに任せてみようかっていう機運も、テレビ東京はその頃、調子も良くなかったんで、そういうことがあったんだと思います。

赤江珠緒:そうかぁ。

ピエール瀧:『ピラメキーノ』とかもやってたんですよね。ウチの子供も観てましたもん。

佐久間宣行:やってましたね。それも、子供番組で、笑えるものが作りたいなって思って。

赤江珠緒:ボツになった企画とかって、いっぱいありますよね?

佐久間宣行:あります、あります。離婚する夫婦が、財産分与をクイズで争う企画とか。

ピエール瀧:はっはっはっ(笑)面白いじゃん、それ(笑)

佐久間宣行:夫婦まで見つけたんですけど、ギリギリで「やっぱクイズじゃ嫌だ」って言われて(笑)

赤江珠緒:そうですね(笑)後の人生を考えたらね(笑)

佐久間宣行:途中まで良いって言ったじゃんっていう(笑)自分たちの人生をクイズハンター的にクイズにするっていうのをやったんですけど。それで、ギリギリまでOKな家族いたんですけど。

赤江珠緒:はっはっはっ(笑)

ピエール瀧:パネルクイズ的なヤツだと面白いね。「浮気の40」みたいな(笑)

佐久間宣行:はっはっはっ(笑)

赤江珠緒:こういうアイデアは、どういうときに考えられるんですか?

佐久間宣行:一番は、違和感を感じた時というか。「なんで、俺だけこれ、面白いと思わないんだろう」とか、「なんで、俺だけこれで泣けないんだろう」とか。あと、「なんでこの人、このタイミングで怒ってるんだろう?」とか。

ピエール瀧:うん。

佐久間宣行:ちょっと違和感を感じた時に、あとで考えてみると、「あ、あの人、見栄張ってたからだ」とか。「じゃあ、それ見栄張るのを番組にしよう」とか。

ピエール瀧:ふふ(笑)

佐久間宣行ほんのちょっとの悪意と違和感から番組を作ることが多いです。

ピエール瀧:その感じのスタートは、感情が入ってるから、広げやすいじゃん。

赤江珠緒:そうですね。あの『マジ歌選手権』の牛乳を吹き出すとか、大好きなんですけど。

佐久間宣行:ああ、ありがとうございます。今年もやりますんで。

赤江珠緒:ねぇ。アレも、カッコイイようなダサいような。不思議な感じですよね。

佐久間宣行:元々の企画のきっかけが、「本当に格好いいロックスターの仕草って、何回も見て様式美になると笑っちゃうよね」っていうところで。

ピエール瀧:まあね。

佐久間宣行:カッコ良すぎて。それで、芸人さんの中で本気で曲を作ってる人がいて。その人たちって、マジでやってるから、その様式美の塊なんですよ。

ピエール瀧:うん。

佐久間宣行:それを笑おうって企画から始まったんですけど、いつの間にかノベルティソングとかコメディソングになっていったんですけどね。

【関連記事】
ピエール瀧も引くほど、電気グルーヴ愛が強すぎる男・テレ東プロデューサーの佐久間宣行

国仲涼子に、先輩の悪口を書いたメモをAD時代に読み上げられていた『ゴッドタン』の佐久間宣行プロデューサー

有吉弘行、Mステに17年振り出演の電気グルーヴと共演した思い出「有吉、タモリいるぞ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : ゴッドタン,佐久間宣行,ピエール瀧,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  たまむすび
次の記事:バナナマン設楽、竹内由恵アナの鉄板ギャグに爆笑「豚汁美味しい。田舎を思い出す…オランダ生まれですけど」

前の記事:国仲涼子に、先輩の悪口を書いたメモをAD時代に読み上げられていた『ゴッドタン』の佐久間宣行プロデューサー