TOPキョートリアル ≫ チュート徳井、スイッチを入れずに人と会話できる相方・福田との違い「パワーを使わずに人と喋れる能力」

チュート徳井、スイッチを入れずに人と会話できる相方・福田との違い「パワーを使わずに人と喋れる能力」

2014.12.03 (Wed)
2014年11月29日放送の京都放送系のラジオ番組『キョートリアル!コンニチ的チュートリアル』(毎週土 22:00-23:00)にて、お笑いコンビ・チュートリアルの徳井義実が、人と会話をする際に、自然と何も考えずに喋ることができる相方・福田充徳の能力について語っていた。

チュートリアリズムIII
チュートリアリズムIII [DVD]

徳井義実:ないね。これも分かる。俺もそうやし。「なんか喋って」って言われたら、ホンマにしんどい。その時点で、「もう、これは無理や」ってなるな。

福田充徳:根本的に違うもんな。

徳井義実:そうなるな。

福田充徳:ドライブとか行って、喋る?音楽聴きっぱなし?

徳井義実:適度…少な目かも知らんけど、喋るよ。

福田充徳:ああ。

徳井義実:多分、付き合って2年くらいで、お互いのことある程度分かってて、話題がなかったら、無理に喋ろうとはならへんなぁ。話題が尽きたら尽きたで、無言っていうのもある。

福田充徳:うん。そうか。

徳井義実:結局、付き合いたててで、お互いのこと知らんこともいっぱいあって、知らん情報もお互いいっぱいある、だから喋る、ネタがあるから会話になるってことでいくと、それはいつか枯渇するわけやん。

福田充徳:うん。

徳井義実:でも、お前とかもそうやけど、常に喋っていられる人は、ネタがなくても喋っていられる。言ったら、太陽光発電みたいなもんやから。

福田充徳:ふふ(笑)

徳井義実:尽きひんわけやん。

福田充徳:それもホンマに、ギブアンドテイクというか。向こうが出してきたネタが、正直、言葉が悪いけどペラペラな場合。「誰が興味あんねん」ってネタを向こうが投げてきたら、こっちも投げてエエねやっていう…それ分かる?

徳井義実:うん…

福田充徳:どうでもエエ話を振ってきてるってことは、俺もどうでもエエ話をしたって、エエ関係やなって。向こうが、重要な話というか、スゲェ密度の濃い話をしてきてるのに、俺がどうでもエエ、ペラペラな話は、返されへんわけよ。

徳井義実:うん。

福田充徳:それなりの会話の関係性ができてるから、お互いに間をもたせる話ができるというか。

徳井義実:それが、「何でもエエねん」って言われても、それすら出ぇへんっていう(笑)何てことはない話っていうのが、出てけぇへんののよ。分からへんねん。たとえば、どんな話なん?

福田充徳:なんでもエエねん。ホンマにどうでもエエ話やで。たとえば、デート行ったら、「今日、朝の『スッキリ!!』の朝の占いみたら、めっちゃ悪かったんやけど、どう思う?」っていう(笑)そんなんやで。

徳井義実:ふふ(笑)へぇ(笑)

福田充徳:「○○が悪いって言うてんねんけど、これしたらアカンなぁ」とか。「ラッキーカラー紫なんやけど、なんか買うか」とか(笑)ホンマにどうでもエエ話。

徳井義実:「買うか、紫の服」「ほな、私、付き合うわ」って言われたら、買いに行かなアカンやん。

福田充徳:「けど、俺、めっちゃダサいけどエエの?」「いやや」とか、そんな話になるやん。「ユニクロあるか、この辺?」とか。

徳井義実:その朝の『スッキリ!!』のとかすら出てけぇへんねん。

福田充徳:何でもエエやん(笑)

徳井義実:何でもエエって何なん?(笑)…ホンマに、どうしたらエエのか。

福田充徳:何でも喋ったらエエやん(笑)

徳井義実:その何でもが分からんねん。

福田充徳:何でも訊いたらエエやん。

徳井義実:だからな、俺、結局、喋るってことに対して、お前より明らかにパワーを使うねん。体力を。

福田充徳:そうやと思う。

徳井義実:だから、しんどいねん。

福田充徳:お前、多分、ちゃんと考えて喋ろうとしてるやろ、プロやから。

徳井義実:考えずに喋ること…お前は多分、あまりカロリーを使わずに喋ることができるって能力を持ってんねん。

福田充徳:多分、そうやと思う。喋ることに対して、全く疲れへんもん。

徳井義実:そう。だから、水の中の生物なんやな。水中で力使わずに泳げんねん。でも、こっちは肺呼吸の動物やから、水の中に入って動こうと思ったら、一生懸命、泳がなアカンわけよ。

福田充徳:せやな。「よし、行くぞ」って気にならなアカンしな。

徳井義実:そうそう。せやねん。

福田充徳:そうすると、会話することってしんどいよな。仕事で、喋ることが仕事なわけやから。

徳井義実:その証拠に、普段、俺は彼女とかと喋ってる時、完全にオフってるやん。オフってもうたら、えげつないくらい噛んだりすんねん。何言ってるか分からんし、声小さいし。

福田充徳:へぇ。

徳井義実:もう、差が凄いのよ。

福田充徳:もう、ほんまに何も考えずに喋れてる瞬間なんかも知らんけどな。そっちの方がまだ。

徳井義実:うん。だから、怖いわ。今でこれやったら、ホンマに老人になったら、何も喋れへん日がくるんじゃないかって危惧があんねんけどな。

福田充徳:あるんちゃう?それこそ結婚し、子供ができたら、我が子と喋った記憶がないくらいの人生送るかもしれんな(笑)

徳井義実:そうかもな。

福田充徳:喋るのが元々大変な上に、特に息子やったら喋るのちょっと、会話しにくいってところあるやん。

徳井義実:会話、生まれにくかったりするな。

福田充徳:ダラダラって喋れるもんとちゃうやん。そしたら、「ウチの親父なんか、喋った記憶ないわ」って言われるかもな(笑)

徳井義実:喋ったら喋ったで、ウチのオカンな、最近、もう何を言うてるか分からへんねん(笑)変なダジャレばっかり言うてるし。

福田充徳:言うてはるな(笑)

徳井義実:基本、俺、早口やん、ちょっと。何を言うてるか分からへん日が来るっていうのが怖いねんな。

【関連記事】
加藤浩次が語る、会話の続かない人の特徴「興味・予備知識も無く、相手の好きな話題を振る」

ウーマン村本、会話をする上での言葉を選ぶことの重要性「知らないうちに相手を傷つける言葉は山ほどある」

明石家さんま、親しい関係になろうとするからこそケンカになると語る「上っ面の会話なら安定したまま」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : チュートリアル,徳井義実,福田充徳,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  キョートリアル
次の記事:カンニング竹山、ネットにより誰でも情報発信ができることの危険性について「裏付けや責任感がない」

前の記事:チュート徳井、西島秀俊の結婚相手の条件に共感「独身アラフォー男性は共感する」