TOPバカリズムのオールナイトニッポンGOLD ≫ バカリズム、アイドルグループでメンバーからイジられるアイドルは「慕われている証拠。逆だと突き放される」

バカリズム、アイドルグループでメンバーからイジられるアイドルは「慕われている証拠。逆だと突き放される」

2014.11.25 (Tue)
2014年11月24日放送のニッポン放送系のラジオ番組『バカリズムのオールナイトニッポンGOLD』(毎週月 22:00 - 24:00)にて、お笑い芸人・バカリズムが、アイドリング!!!を卒業した菊地亜美をゲストに迎え、アイドルグループの中で、慕われているメンバーとそうではないメンバーの違いについて語っていた。

ユキウサギ
ユキウサギ (初回盤B)(Blu-ray Disc付)

バカリズム:卒業で、泣いたの?

菊地亜美:泣いちゃった(笑)

バカリズム:まだ泣いたの?

菊地亜美:だって、自分の卒業でしょ。

バカリズム:言っても、卒業の発表、8月でしょ。8月に卒業しますって言って、泣いたでしょ。その映像観たもん。ライブで発表したんだよね。そこで泣く、周りのみんなも泣くでしょ。

菊地亜美:うん。

バカリズム:お客さんも知らないでサプライズだから、ワー!ってなるでしょ。

菊地亜美:はい。

バカリズム:そっから3ヶ月間あるわけじゃないですか。『アイドリング!!!』の放送もあるでしょ。そこでも、卒業の企画を散々、コスったじゃないですか。散々、菊地亜美スペシャルをやって。メンバーも、散々、泣いて。凄いね、まだ泣ける?

菊地亜美:でもね、正直、他のメンバーが卒業するときに、序盤でもうみんな泣いちゃうんですけど。

バカリズム:うん。

菊地亜美:でも、番組とかで卒業をイジり過ぎて、みんな涙枯れちゃって出てなくて。

バカリズム:ないよね。

菊地亜美:みんな、最後の方、振り絞って泣いてくれて(笑)

バカリズム:だよね。アイドリング!!!としての活動の最後として、ライブが今日だったわけでしょ?

菊地亜美:そうなんです。

バカリズム:それで、CSの番組としては、もっと前に菊地亜美卒業SPをやってて。それはそれで、ちゃんとやったじゃん。これまでの菊地亜美の足跡を紹介しつつ。

菊地亜美:はい。

バカリズム:「さよなら、菊地亜美。メンバーから一言」ってやるじゃん。また改めて、言うことないでしょ。また同じこと言うの?

菊地亜美:良いじゃないですか。アイドリング!!!卒業なんだから、そこはいっぱいお祝いされたいし。みんなもそういうことしたいんじゃないですか?

バカリズム:どういう感じなの?笑っちゃわないの?

菊地亜美:なんで升野さん、逆に泣かないのって。

バカリズム:泣かねぇよ(笑)

菊地亜美:来た時、「ハァ?」ってなったんですよ。いつも、メンバーが卒業するとき、来てくれるじゃないですか。一回も泣いたことないじゃないですか。

バカリズム:一回も泣いたことないし、ウルっともきたこともない。

菊地亜美:なんかね、沸々と怒りが湧いてきちゃって。

バカリズム:何を泣くの?

菊地亜美:だって、6年半、升野さんと一緒に番組やってて。

バカリズム:やったよ。

菊地亜美:これからも会うと思うんですけど。

バカリズム:これまでも、別の現場で会うし。

菊地亜美:別の現場で会うかもしれないけど、アイドリング!!!で会うことはないわけじゃないですか。それって、凄い悲しいことですよ。

バカリズム:何が悲しいの?

菊地亜美:いやいや(笑)冷めてる~(笑)

バカリズム:一応、お疲れ様、とか。卒業おめでとうって気持ちはあるけど、泣くって何?って話なのよ。

菊地亜美:涙、出ちゃうもんなんですって。

バカリズム:もう言っちゃうけど、ウソついてんじゃねぇぞって思うわけですよ。『アイドリング!!!』8年間やってきてますよ。散々、色んな種類の女の子たちの涙見てきて、本当に若い女の涙って、簡単に出るんだなって。感受性が豊かというか、そういうことなんだって思うんですけど。

菊地亜美:うん。

バカリズム:俺、涙ってもっと重いものだと思ったの。本当に、よっぽどの時。大切な人を失ったりとか。本当に悲しい出来事があったりとか。そうじゃなく、簡単に泣くじゃん。

菊地亜美:正直、升野さんが一番、アイドリング!!!くらいの世代、17~9の子と接点が凄いあるじゃないですか。だから、「升野さんに全部、見抜かれてるよね」っていうのは、メンバーはみんな言ってた(笑)

バカリズム:散々、見てきてるから。大体、いくつかのパターンに分かれるの。何十人かいるけど、大体、4つくらいのパターン(笑)

菊地亜美:すぐに気づくんだもん。「昔、あの子とあの子、仲良かったのに、今、ケンカしてるでしょ」とか。

バカリズム:そうそう(笑)言ってもキャリア浅い子たちだから、完全にプロに徹してないところがあって。そこが売りって部分はあるんだけどね。

菊地亜美:はい。

バカリズム:(仲悪いというのが)出ちゃうじゃん。「この子がイジられてるとき、この子全然入ってこない」とか。全然、笑わない、とか。

菊地亜美:やめてください(笑)ファンの人、そういう目で見ちゃうじゃないですか(笑)

バカリズム:僕がAさんがイジった時、みんなが集中砲火になるときは、その子は慕われてる証拠なんですよ。朝日奈央さんとかね。

菊地亜美:そうですね。

バカリズム:一方、僕が他の人をイジった時に、「アレ?この子イジると、みんな手を放すな」ってこともあって。そうなると、怖いのよ。盛り上がらないから。その子とマンツーマンになっちゃうから。

菊地亜美:ふふ(笑)

バカリズム:そこも、ちゃんとやって欲しかったんだけどね(笑)

【関連記事】
バカリズム、菊地亜美に大喜利のゴーストライターを依頼される「回答のレベルが高すぎてすぐバレた」

バカリズム「アイドリング!!!のライブにサプライズ出演した舞台裏」

バカリズム、アイドルの下積みの苛酷さを知り「アイドリング!!!に優しくしようと思った」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : バカリズム,アイドリング!!!,菊地亜美,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バカリズムのオールナイトニッポンGOLD
次の記事:菊地亜美、あまり仲の良くないメンバーの卒業でも泣ける理由を明かす「もらい泣きで泣いている」

前の記事:バカリズム、菊地亜美に大喜利のゴーストライターを依頼される「回答のレベルが高すぎてすぐバレた」