TOPバナナマンのバナナムーン ≫ バナナマン設楽、NHK紅白歌合戦の副音声を担当する意気込みについて「家で観てるのよりちょっとギアを上げる感じ」

バナナマン設楽、NHK紅白歌合戦の副音声を担当する意気込みについて「家で観てるのよりちょっとギアを上げる感じ」

2014.11.22 (Sat)
2014年11月21日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金 25:00 - 27:00)にて、お笑いコンビ・バナナマンの設楽統が、NHK紅白歌合戦の副音声を担当する意気込みについて語っていた。

bananaman live Love is Gold
bananaman live Love is Gold [DVD]


設楽統:紅白って凄いよね。2日くらい前に、そういう発表がされて。そしたら、何人かに「紅白出場おめでとうございます」って言われて。

日村勇紀:多いよね(笑)

設楽統:でも、俺ら別に歌うわけでもないし…

日村勇紀:なんかね、「おめでとう」って言われるんだよね。

設楽統:それはもちろん、紅白ってまさか出れると思ってなかったし。そんな仕事って、誰かの応援みたいな感じで行くことはあるかも知れないけど。

日村勇紀:紅白には芸人出てるしね。この出方が凄いんじゃない?

設楽統:うん。「おめでとうございます」なんだよね。でも、ある種、芸能界でも『徹子の部屋』に出るとか、『笑っていいとも!』のテレフォンショッキングだとか。

日村勇紀:それだと思う。「おめでとうございます。ついにそこまで」ってことだと思うんだよね。

設楽統:ねぇ。ありがたい話だよね。たしかに、年末を締めくくる仕事としては、最高の状況だよね。

日村勇紀:そう。

設楽統:ありがたいよね。

日村勇紀:でも、ウラの司会って何なんだよ(笑)…我々が、紅白を宣伝するっていうね。

設楽統:そうなんですよ。

日村勇紀:「今年も、紅白歌合戦があります」っていうことを、日本の皆さんに教えるってことだから。

設楽統:このラジオを聞いてくれてる人は、副音声にしてくれる人は何人かいると思うんだけど、俺の予想では、まあ大したこと言わないと思う(笑)

日村勇紀:ぶっちゃけね(笑)

設楽統:家で観てる感じよりも、ちょっとギアをあげるくらいで。

日村勇紀:そうそう。

設楽統:家だったら、一言も喋らないじゃん。友達と観てると別だけど。

日村勇紀:うん。

設楽統:「あ、この歌なんだ」…っていうのを、少しギア上げて話するくらいだと思うんだ(笑)

日村勇紀:普通なことを言うし。歌番組観てて、一番何、その感想っていう「歌上手いね」とか言っちゃうと思う(笑)

設楽統:絶対に言うと思う(笑)

日村勇紀:設楽さん言うよね(笑)

設楽統:だって、上手いんだもん(笑)

日村勇紀:設楽さん、普通のことをしっかり言うよね(笑)メシ食って美味いとか、プロ野球選手見て、球速いとか(笑)

設楽統:なんだよ(笑)バカにしてんのか(笑)

日村勇紀:でも、そうなっちゃうよ。あんまり観たことないからね。

設楽統:日村さんは、歌番組とか好きじゃん。

日村勇紀:好き、好き。

設楽統:俺も好きだけど、日村さんが一番楽しむかも。

日村勇紀:うん(笑)今、そういう予想なんだよね。この紅白に、たくさんの人が携わるけど、一番楽しみなのが、俺なんじゃないかって。

設楽統:日村さん、持論があって。「上の年代も下の年代もカバーしてる40くらいの人が、一番紅白を楽しめるんじゃないか」と。

日村勇紀:うん。

設楽統:「演歌っていいな」っていうのも、なんとなく入ってきてるし、それこそアイドルたちとも仕事してるから、そういう人が出てきても対応できるしってなると、一番楽しいんじゃないか、と。

日村勇紀:うん。

設楽統:しかも、生で現場にいれるから、そうなると日村さんが一番楽しいんじゃないかって。

日村勇紀:本当だよね。俺、多分、ミュージシャンの人たちとお話する機会もあるのかもしれないし。そうなると、視聴者の人よりも一番感激してると思うよ。

【関連記事】
バナナマン設楽、「芸人を卒業」報道を否定「『芸人です』と言うのもおこがましいと思ってる」

石川さゆり「和田アキ子と紅白歌合戦で同じ控室は迷惑」

爆笑問題・太田「綾瀬はるかが泣いて紅白の出番が減った鉄拳」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : バナナマン,設楽統,日村勇紀,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  バナナマンのバナナムーン
次の記事:岡村隆史、ラジオ番組のコーナーへのネタ投稿をハガキにこだわり続けた結果「日本郵便がスポンサーに」

前の記事:バナナマン設楽、「芸人を卒業」報道を否定「『芸人です』と言うのもおこがましいと思ってる」