TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次 「とんでもない旅行コーディネータに出会った」

加藤浩次 「とんでもない旅行コーディネータに出会った」

2007.09.15 (Sat)
アテナ Vol.2 バリ島スパ 22007年09月15日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、加藤浩次がバリに家族と旅行したことを話していた。現地では、旅行コーディネーターが付き、観光案内をしてくれたという。

「だけど、そのコーディネーターっていうのがさ、かなり適当なんだよ。道を歩いている犬を見ると、『加藤さん、あれがバリ犬です』とか言ってくるんだよ。それで、『バリ犬って?』って訊いたら『日本で言うところの雑種です』とか言ってくるワケよ」

「それで、現地の男性と結婚した日本人女性を見て、今度は『あれがバリ嫁です』とか言うんだよ。もう相手にしないで、そうなんですか、とか相づち打ってたら、『こっちへ来て可愛い、可愛いって言われて、結婚してしまったんでしょうね』とか言うんだよ」と話していた。

さらに、加藤はそのコーディーネータと以下のようなやりとりをしたそうだ。

「コーディーネータに、『(バリ嫁について)こっちへ来て、あくせくした日本の生活を忘れ、ゆったりした時間を過ごす良さに気づいたんでしょうね』とか言ったんだよ。そうしたら、『現地の男は全く働きません。奥さんが働いてます』とか、イヤ~なダメ押しをするわけ」

「その後、現地の美術館へ行ったんだよ。香織と一緒に、けっこう興味深く鑑賞してたんだよ。たまには、そういう芸術的なのも良いなって思ってさ」

「でも、そのコーディーネーターは『加藤さん…こういうの、分かります?まったく分かりませんよね。何が良いんでしょうかね。私は、子供たち(加藤の子供たち)と一緒に、外に出てますから』って言い残して、美術館を出てっちゃったんだよ」と話していた。

【関連記事】
加藤浩次「オーストラリアで40歳新年」

加藤浩次「オーストラリア旅行でのピンチ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 加藤浩次,バリ島,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:ナイナイ・岡村 「沢尻エリカを応援しています」

前の記事:加藤浩次 「長男・快晴の奇行に悩む」