TOP伊集院光 深夜の馬鹿力 ≫ 伊集院光、人工頭脳がプロ棋士に勝つことへ抵抗感を覚える理由「『頭が良いこと』が人類を担保している」

伊集院光、人工頭脳がプロ棋士に勝つことへ抵抗感を覚える理由「『頭が良いこと』が人類を担保している」

2014.10.28 (Tue)
2014年10月27日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『伊集院光 深夜の馬鹿力』(毎週月 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・伊集院光が、コンピュータ将棋ソフトウェア・Ponanza(ポナンザ)の開発者として知られる山本一成氏と11月2日放送予定のEテレ『サイエンスZERO』で共演した際、人工頭脳がプロ棋士に将棋で勝利することに抵抗感を覚える人々がいるということについて山本氏が語っていたと明かした。

ファミ通と僕 2000-2002
ファミ通と僕 2000-2002 (ファミ通BOOKS)

伊集院光:ponanza(ポナンザ)作ってる人(山本一成)と、たまたまテレビ番組(Eテレ『サイエンスZERO』)で会って、面白いなというか、本当に頭の良い人は凄いなって思ったのは…こっちは一緒にテレビ番組に一緒に出るっていうことで、多分、好意的に考えてるから、将棋に対して、コンピュータの人工頭脳が棋士に勝ったとしても、何の問題もないと思うって思ったのね。

だって、180 km/h投げられるピッチングマシーンができて、ピッチャーの価値が落ちるわけじゃないし、もっと言うと、180 km/h投げるピッチングマシーンと対することで、バッターの技能も上がるし。

でも、人工頭脳が棋士に勝つことに対してイヤがる人もいっぱいいるっていうのは知ってたから、心のどこかで先回りしちゃってるんだろうね。「何の問題もないと僕は思うんですけど」って言ったんですよ。

「ボルトよりも速いオートバイはあるけど、問題ないじゃないですか」みたいなことを、多分、俺の心の中のヨイショ心みたいなところに入って言ってると思うんだけど。

そしたら彼(山本氏)は、「でも、そのことは凄い大切なことで。人間は脚が速いから人間じゃない、この世の中に、人間より脚の速いチーターもいる。だけど、地球上の生き物の中で、頭が良いということが人類ということを担保しているところがある。それに対して、機械が近づく時に、他の脚が速い、人間より戦車の方が強いといったことは当たり前だけども、強い=人間ではなく、頭が良い=人間と捉えられていることに関して、考えることが大きいのは、理解できます」って言ってたのね。頭の良い人ってスゲェなぁって思って。

【関連記事】
伊集院光、「プロ棋士より将棋が強い」コンピュータがどのように研究されているか解説

伊集院光が語る「人工頭脳が人間の頭脳を超えるとはどのような意味か」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  伊集院光 深夜の馬鹿力
次の記事:土田晃之、矢口真里の『ミヤネ屋』での復帰は失敗だったと指摘「泣くくらい追い込まないと」

前の記事:伊集院光が語る「人工頭脳が人間の頭脳を超えるとはどのような意味か」