TOP山里亮太の不毛な議論 ≫ 大久保佳代子、男女の芸人のモチベーションの違いは「欲に忠実な男芸人、誰かに求められたい女芸人」

大久保佳代子、男女の芸人のモチベーションの違いは「欲に忠実な男芸人、誰かに求められたい女芸人」

2014.10.23 (Thu)
2014年10月22日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(毎週水 25:00 - 27:00)にて、お笑い芸人・大久保佳代子がゲスト出演し、男女での芸人のモチベーションの違いについて解説していた。



大久保佳代子:女芸人は、ブスでいることが仕事だっていうプライドがありますからね。

山里亮太:一回、大久保さんと番組中とはいえ、お酒を飲ませていただく機会もございまして。

大久保佳代子:うん。

山里亮太:あの時に、男芸人っていうのは、「いい女抱きたい、いいクルマ乗りたい、いい家に住みたい」って欲が直結する、と。

大久保佳代子:そうね。できるからね、実際。

山里亮太:はい。でも、女性芸人さんって、そこに直結しないじゃないですか。

大久保佳代子:そうなのよ。別に、いいクルマを買いたいってこともないし、イケメンに好かれるかって言われたら、そんなこともないわけ。

山里亮太:そうですよね。

大久保佳代子:売れれば売れるほど、ない気がするしね。

山里亮太:そうですよね。どんどん離れていくから。

大久保佳代子:そう。

山里亮太:そこで、芸を精進したいとか、番組で一生懸命、面白いことを言おうっていう、その気持ちって、男の芸人さんより純粋なんですよね。

大久保佳代子:っていう考え方をしてくれるのはありがたいけどね。ただ、単純に「番組に出て、あとで落ち込みたくない」とか。

山里亮太:はい、はい。

大久保佳代子:あと、誰でも良いから求められてる感じが欲しいの。

山里亮太:それが答えなのかなって思ったんですよ。凄いですよね。女性芸人さんは、何かが欲しいじゃなくて、人に喜んでもらう、求められたっていうことが快感だっていう。

大久保佳代子:そうね。女って基本、受け身だからさ。求められない限り、必要とされないわけじゃん。自分からじゃないんだよ。

山里亮太:その、大久保さんって、たまにRIKACO的な人が憑依する感じ、なんなんですか?(笑)

大久保佳代子:ふふ(笑)あれ?いい感じで聴いてくれてると思ったのに(笑)…女って、受け身だから。男の人に求められてナンボだから。

山里亮太:ふふ(笑)いいですね(笑)でも、女芸人さんって凄いですよね。

大久保佳代子:いや、しんどいよ。モチベーションが途絶えるからね。だから一回、モデルとかEXILEがらみと付き合いたいっていうのはありますよ、本当に。

山里亮太:海賊版EXILEみたいな人、街でウロウロしてるじゃないですか。

大久保佳代子:全然良い。三代目じゃなくて、25代目くらいでも良いよ(笑)

山里亮太:25代目だとなると、もう分けわからないですよ(笑)とりあえず日焼けして胸開けておけばいいやって(笑)

大久保佳代子:そういうことでモチベーションは上がるからね。

山里亮太:求められるってことが大事だってことですよね。

【関連記事】
ナイナイ・矢部、光浦が語る「女芸人とは」

バナナマン・設楽「女芸人の現役最強はハリセンボン・春菜」

山里亮太×大久保佳代子、男と女が勘違いしてしまう瞬間を語る「お互いに距離をとってた」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 山里亮太,大久保佳代子,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  山里亮太の不毛な議論
次の記事:マツコ・デラックス、芸能人の私生活に踏み込み過ぎる報道に「行間を読むことが皆できなくなってる」

前の記事:山里亮太×大久保佳代子、男と女が勘違いしてしまう瞬間を語る「お互いに距離をとってた」

本日の注目記事