TOP未分類 ≫ アンタッチャブルのシカゴマンゴ トーク集

アンタッチャブルのシカゴマンゴ トーク集

2009.08.02 (Sun)
アンタッチャブルのシカゴマンゴは、2005年04月07日放送開始となった。番組タイトルの「シカゴマンゴ」とは、彼らが「アンタッチャブル」と名乗る前、先輩芸人から勧められた名前に由来する。

当番組の放送時間である「木曜日深夜25:00-27:00」の枠は、裏番組である「ナインティナインのANN」が放送されており、前番組である「オセロ中島の黒真珠夫人(2004年4月1日~2005年3月31日)」「さまぁ~ずの逆にアレだろ!?(2002年4月4日~2004年3月25日)」は短命に終わった。

だが、「アンタッチャブルのシカゴマンゴ」は初期は聴取率で大差をつけられていたが、2006年10月の調査ではナイナイ0.6%、アンタチャブル0.5%と0.1%差まで接近し、大健闘するに至った。さらには、2008年4月における調査1週目の聴取率でトップを奪取し、同年9月の調査も1週目にトップに輝いている。

コンセプトは「リスナーがパーソナリティ」であり、第1回放送(2005年04月07日)からそのことは話されていた。現に、リスナーからのネタ投稿・コーナーを大事にしており、SPウィークにおいてもリスナー参加型・ネタ投稿型のテーマが多い。

2004年M-1優勝によるブレイク以前には、JUNK系列番組である「伊集院光 深夜の馬鹿力」にゲスト出演している(カイジュSP、メカ山崎など)。伊集院光とはプライベートでも付き合いがあり(くりぃ~むしちゅ~有田を介して遊ぶようになった)、「アンタッチャブルのシカゴマンゴ」にもゲスト出演している。

2007年12月07日(~2008年03月07日復帰)、柴田が急性肝炎を患い入院することになり、番組を欠席していた。その際、東京03やな弾丸ジャッキー武田テキサス、カンニング竹山などがゲスト出演することがあった。

放送月
2009年2010年
2009年02月
2009年04月
2009年07月
2009年09月
2009年10月
2009年11月
2009年12月
2010年01月
2010年02月


2009年02月
実はソッチの気がある?アンタッチャブル・柴田


2009年04月
本当は作家を目指していた?アンタッチャブル山崎


2009年07月
アンタッチャブルが分析する 「狩野英孝がダメな理由」

狩野英孝 「司会も余裕で出来ます」

アンタッチャブル山崎 「大沢あかねが『クリちゃん』と連呼」

アンタッチャブルが考える 「下ネタを言って良い芸能人とは」


2009年08月
アンタッチャブル山崎 「ゆってぃは、芸歴に細かい」

ビーグル38・能勢「相方・加藤にムカついたこと」

アンタッチャブル柴田 「M-1のトロフィーを紛失した?」


2009年09月
アンタッチャブル柴田「バカリズムからの不思議な電話」

アンタッチャブル 「三冠を狙う人力舎」

東京03が語る「キングオブコント前日」

東京03「キングオブコント優勝への呼び水」

キングオブコントを見守る芸人たち


2009年10月
アンタッチャブル・柴田 「芸人同士の呼び名」

アンタッチャブル・柴田 「先輩芸人にキスさせられていた」

カンニング竹山 「ドッキリに過敏になりすぎている」

ラブカップルが解散していた

カンニング竹山隆範 「最近の頭髪事情」


2009年11月
【関連記事】アンタッチャブルの若手芸人時代

【関連記事】アンタッチャブル 「くりぃむしちゅーとの関係」

アンタッチャブル山崎 「高須クリニック院長に爆笑」


2009年12月
アンタ・柴田「長渕剛のライブを観に行っての驚き」

アンタ・柴田 「長渕剛の楽屋に挨拶に行く」

アンタッチャブル柴田が語る 「ツッコミ芸人たちの争い」

アンタッチャブル山崎が語る「東京03の危機」

アンタッチャブルが語る「2009年度のM-1」

アンタ・山崎 「青木さやかを怒らせた」

アンタ・柴田 「『動物好き芸人』を勝手に名乗るな」


2010年01月
アンタッチャブル 「爆笑問題・田中に要らないキャラ」

アンタッチャブル 「オードリーの忙しさは異常」

2010年02月
アンタ・山崎も語らない「相方・柴田の休業のワケ」

アンタ・山崎「これからの若手芸人は、吉本に行くべき」



同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : アンタッチャブル,伊集院光,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  未分類
次の記事:アンタッチャブル山崎 「大沢あかねが『クリちゃん』と連呼」

前の記事:加藤浩次 「妻・香織との性生活を語る」