TOPアッパレやってまーす! ≫ 千原ジュニア、藤山寛美の名言を解説「芸とは、水面に文字を書くようなものだ」

千原ジュニア、藤山寛美の名言を解説「芸とは、水面に文字を書くようなものだ」

2014.10.15 (Wed)
2014年10月14日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00 - 23:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、喜劇役者・藤山寛美の名言「芸とは、水面に文字を書くようなものだ」を解説していた。



千原ジュニア:結婚式のスピーチも大変やなぁ。

山本吉貴:大変でしょうね。

千原ジュニア:難しいなぁ。

桂三度(世界のナベアツ):どうして良いか分からんね。

千原ジュニア:お祝いコメントVTRはどうしてんの?

桂三度(世界のナベアツ):VTRは…昔はめちゃくちゃラクやってん。「○○さん、○○さん、結婚おめでとうございます。あなたたちの幸せが、10年、20年、いや、30年!(アホになる)いや、50年!(アホになる)…いや、50はアホになったらアカンところでした。でも、2人の結婚生活は、これからもオモロ~!」…で終わりです。コンパクトにまとまってるでしょ?(笑)

山本吉貴:パッケージされてますね。

桂三度:これが今、何もないですわ。だから、極力、逃げるようにしています。

千原ジュニア:まだそれイケるやん。

桂三度:言うてエエかな。

山本吉貴:良いんじゃないですか?

桂三度:ああ、ホンマ?

千原ジュニア:ちょっと練習してみろや。

桂三度:ええ?!

千原ジュニア:そこ立ってやってみろや。

桂三度:練習?練習っていうか、やってきたことなんで…

千原ジュニア:やってみ。フルでな。大分、忘れてるやろから。

桂三度:…はい。

千原ジュニア:出来るって思っても、できひんもんやねん。こ藤山寛美先生の、こんな言葉があります。この言葉を、渡辺くんに送ります。

桂三度:ほう。

千原ジュニア:「芸とは、水の上に文字を書くようなものだ」と。書き続けないと、読めないんですよ。あなた、書き続けてましたか?

桂三度:いや…やめてました。

千原ジュニア:やめてたでしょ?この水面には、何の文字が浮かんでませんよ。

桂三度:藤山寛美先生が、それを言うてはったんですか。よし、やろう!

山本吉貴:はっはっはっ(笑)

【関連記事】
明石家さんま、「努力は必ず報われる」と思う人に「見返りを求めるとロクなことがない」

千原ジュニア、郷ひろみの名言に感心「おい、お前は郷ひろみをやめるのか?」

千原ジュニアが語る、タモリの名言「武井壮は、周りを暗くさせる明るさなんだな」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 千原ジュニア,藤山寛美,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:千原ジュニア、結婚披露宴のお祝いコメントVTRでの鉄板ネタ「永久にともに…」

前の記事:友近、ライブチラシの材質にまでこだわる仕事への徹底ぶり「マネージャーに任せず全部チェック」