TOP極楽とんぼの吠え魂 ≫ 加藤浩次 「テリー伊藤のオシャレ観に一言もの申す」

加藤浩次 「テリー伊藤のオシャレ観に一言もの申す」

2009.08.02 (Sun)
Poker Face [7 inch Analog]2009年07月31日放送の「加藤浩次の吠え魂」にて、『スッキリ!!』で共演しているテリー伊藤やドン小西のファッション観に対する疑問を口にしていた。話の発端は、自分のサングラスを買いに行ったことだった。

「海外旅行に行くんで、サングラスを買いに行った。そうしたら、今は浜崎あゆみが掛けているような、デカいサングラスしかないんだよ。そうしたデカいものばかりを見ていると、感覚が麻痺して、普段だったら『何、そのデカいサングラス…芸能人きどりかよ』と思うようなものでも、『まぁ、いいか』と思って買いそうになった」

「でも、そこにスェットを着た太った女性が、デカいサングラスを掛けて店にやってきた。『注文してたサングラス、もう届いた?』と言って、買おうとしていた。そこで、『こんなデカいサングラスはいかん!』と思って、買うのを止めた」と話していた。

加藤のファッションの基本は、「誰にも文句を言われないこと」だそうだ。そうしたファッション観を持つ加藤は、以下のように奇抜なファッションについて語っていた。

「スッキリ!!でも特集していたんだけど、レディ・ガガ(ソングライター)が、自分の髪の毛をリボンみたいにしばってみたり、中に土台を入れて、ボタンのようにしてしまっていることがあった。それを見て、テリーさんは『オシャレですね。最先端ですよ』と話していた」

「いや、おかしいでしょ。土台を中に入れて、ボタンにしちゃってるんですよ?そういう女を最先端っていっちゃたら、何をすればいいんだって話ですよ。先端過ぎるっていえば、良いのかもしれないけど、トンデモ・ババァなわけでしょ」

「その人に似合う格好しているのが、オシャレだと思うんだよ。太っていても、小さくても…小堺一機さんとか、オシャレだよね。鼻につかないし、目にとまらないでしょ。それがオシャレだと思う」

「たまにドン小西さんとか、『何だ、これ…』っていう格好もしている。俺は、誰にも文句いわれない格好を目指している」

「10年経った後に、その写真とかを見てみ?愕然とすると思う。武田真治も、デビュー当時はフェミ男って言われていてさ、その頃の自分を見たら、恥ずかしがるでしょ。『ボク、どうかしてたんです』って言うと思うよ」と加藤は話していた。

【関連記事】
加藤浩次「嫁は、家ではノーブラ」

加藤浩次の語る「武田真治がシコるオカズ」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : テリー伊藤,加藤浩次,ドン小西,武田真治,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  極楽とんぼの吠え魂
次の記事:加藤浩次 「高校時代のバイト恐怖体験を語る」

前の記事:ナイナイ岡村 「女子プロレスラーと合コン」