TOP千原ジュニアのRPM GO!GO! ≫ 千原ジュニア、槇原敬之の歌詞のオリジナリティに改めて驚かされる「よくある歌詞のワードを一切使ってない」

千原ジュニア、槇原敬之の歌詞のオリジナリティに改めて驚かされる「よくある歌詞のワードを一切使ってない」

2014.10.12 (Sun)
2014年10月11日放送のニッポン放送系のラジオ番組『千原ジュニアのRPM GO!GO!』(毎週土 17:00 - 17:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、シンガーソングライター・槇原敬之の歌詞のオリジナリティに改めて驚かされた、と語っていた。

EXPLORER


千原ジュニア:10月26日『オモクリ監督 ~O-Creator's TV show~』(毎週日 21:00 - 21:54)っていう番組が始まるんですけど。元々、『OV監督』って深夜でやってたのが…

中村岳人:日曜21時のゴールデンに上がるっていう。

千原ジュニア:今まで通り、VTRを撮るんですけど、その一発目で、「オモウタ」って言って、スタッフが曲だけ作ってきて、「これに歌詞を作ってくれ」って。「一発目なんで、ジュニアさんまずやってください」って言われて、やるんですよ。

中村岳人:はい。

千原ジュニア:それを昨日、作ってたんです。

中村岳人:はい。

千原ジュニア:歌詞を。テーマがあって、そのテーマに基づいた、俺が思う面白い歌詞を乗っけて。それをプロの有名なミュージシャンの方に歌ってもらうっていう。

中村岳人:ああ、面白いですね。

千原ジュニア:ほんで、その曲を流さなアカンから。その曲と譜面を見ながら…譜面って言うても、俺はよう分からんから、そこに当てはまる文字数とかで、歌詞を考えていかなアカンねん。

中村岳人:はい。

千原ジュニア:それで、会議室がなかなかなくて。俺も前の現場が恵比寿やったんで、恵比寿のカラオケボックスで会議しようってことで、ディレクターと作家と俺とで、カラオケボックスで打ち合わせしてたんですよ。

中村岳人:はい(笑)

千原ジュニア:俺、あんまちゃんとしたラブソングとか知らんから。聴いてみようって。

中村岳人:なるほど。

千原ジュニア:歌詞を見ながら聴いてみようって。ほんなら、面白いね。

中村岳人:歌詞ですか。

千原ジュニア:歌詞。もう、使われ倒してるワード、手垢つきまくってるワードだけでやりくりしてる歌詞と、それを全く使わない歌詞と。

中村岳人:はい、はい。

千原ジュニア:本物感が、一発で分かるというか。もう、カラオケの2行がまず出るやん。その2行で、「はい、はい。レトルトね」みたいな。

中村岳人:へえ(笑)

千原ジュニア:一切、そのワードを使わずに、スッて入ってくるラブソングを作り続けてる人と。それこそ、本物の料理人やな、みたいな。

中村岳人:はい。

千原ジュニア:簡単に言うと、フリがあるんで。フリの部分は、何かがありそうな歌詞を作りたいんやけど、それを俺は一般的なありそうな部分をあんまり知らんから、そのフリの部分をどんな感じなんやろなって思って聴いてたら、「このワード、みんな使ってるな」とか。

中村岳人:そこの、あるあるの部分が欲しいというか。

千原ジュニア:ちょっと良い歌っぽい。一番手前の。そういう意味では、参考になる人が、「ふ~ん」って感じやん。

中村岳人:はい。

千原ジュニア:でも、槇原敬之さんって、一切、そのワードを使ってないねん。あの人、やっぱり凄いね。こんなまろやかなのに、全部がオリジナルというか。

中村岳人:尖った感は一切ないですよね。

千原ジュニア:一切ないのに、でも、歌詞を見たら逆に一切、参考にならへん(笑)オリジナリティあり過ぎて。あの人、やっぱ凄いわ。

中村岳人:へぇ。それで世間を共感させるわけじゃないですか。人が使ってない言葉で。

千原ジュニア:そう。ほんで、ノスタルジックでもあるやん。昔から知ってたような。でも、「これ、どういう言葉?」って、意味の深い言葉を使うわけでもなく。

中村岳人:はい。

千原ジュニア:一切、参考にならへんで。ちょっとしたほんまの短編小説みたいな。『冬がはじまるよ』を初めて歌詞をちゃんと見たんやけど…あれ、夏が誕生日の主人公で、Tシャツと長袖をプレゼントすんねん。これは、「冬まで一緒に要られるようにっていうおまじない」みたいな。そういうところから始まるストーリーなんですけどね。

中村岳人:はい。

千原ジュニア:一方で、2行見ただけでペラペラの歌詞の人もいるんですよ。手垢まみれでやってるんやけどね(笑)

中村岳人:ふふ(笑)

千原ジュニア:俺が昨日、ADさんに王道のラブソングをガンガン入れてもらって。その歌詞だけを見て、「こういうこと歌ってんねや」ってやってた中で、一番多かったワードはなんやったと思います?

中村岳人:ええ?…「あなたと出会えた」かな。

千原ジュニア:それはね、もちろん、何個かあるんですけど、一番多いワードは、「日々」ですね。

中村岳人:ああ。

千原ジュニア:「日々」はみんな使いはるわ。

中村岳人:たしかに出てきますね。

千原ジュニア:まあ今後カラオケに行って、ちょっと気をつけてみて。「日々やなぁ」って日々がきますよ。

【関連記事】
バナナマン設楽、槇原敬之の新曲のカバーに「昔、似てると言われコントで真似した」

千原ジュニアが語る、山下達郎のざわつく聴衆を静かにさせる歌唱力の凄さ

千原ジュニアが語る、所ジョージの尖った感性「高級時計の文字盤の中にビスケットを入れている理由」


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 千原ジュニア,槇原敬之,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  千原ジュニアのRPM GO!GO!
次の記事:明石家さんま、キャイ~ン・ウド鈴木の妻がウドを好き過ぎることに驚き「ウドのことでしか笑わない」

前の記事:千原ジュニア、ファッション雑誌の素人特集へ疑問「素人の私服を見せられても…」