TOPアッパレやってまーす! ≫ 千原ジュニア、NHK出演での不可解なルールを明かす「レギュラーは1つだけ、3日連続出演はNG」

千原ジュニア、NHK出演での不可解なルールを明かす「レギュラーは1つだけ、3日連続出演はNG」

2014.10.01 (Wed)
2014年9月30日放送のMBSラジオのラジオ番組『アッパレやってまーす!』(毎週火 22:00 - 23:30)にて、お笑い芸人・千原ジュニアが、NHK出演における不可解なルールについて語っていた。

2014千原ジュニア40歳LIVE「千原ジュニア×□」
2014千原ジュニア40歳LIVE「千原ジュニア×□」 [DVD]

基本的にNHKではレギュラー番組は1つと決められているという。ジュニアは『超絶 凄ワザ!』と『着信御礼!ケータイ大喜利』の2つのレギュラー番組に出演しているが、『着信御礼!ケータイ大喜利』はアシスタント的な役割であるから出演が可能となっているという。

また、「3日連続での出演はNG」なのだそうだ。ジュニアは、ある番組から出演をオファーされた。ジュニアは快諾したが、後にその出演オファーは番組側から取り下げられたそうだ。その理由を、「何が無理かって言ったら、『凄ワザ』が木曜日、『ケータイ大喜利』が土曜日。その番組が金曜日で、3日連チャンはアカンねんって」と語っており、このようなルールもあるのだという。

桂三度は、「公平を期すために。歌手とかから来てるルールなのかな。歌手には、紅白に向けての貢献度みたいなのあるやん。歌番組出た人は、貢献度で、『紅白歌合戦』へのポイントになるって。…それを満遍なくせなアカンから、その歌手のルールが普通のタレントにも下りてきてんのかな」とそのルールが作られた背景について推察していた。

長年NHKの番組に出演していながら、そのルールは知らず、ジュニアは「そんなルールがまだあんのか」と、意外な出演ルールがあることに驚いていた。

千原ジュニア:NHKって、凄いルールやからね。レギュラーは、1本しか出来ませんからね。

山本吉貴:NHKでは?

千原ジュニア:NHKで。

おのののか:そんなのあるんだ。

千原ジュニア:俺は、奇跡的に2本やらせてもらってるんですよ。『超絶 凄ワザ!』と『着信御礼!ケータイ大喜利』で。

桂三度:ああ、ホンマやね。

千原ジュニア:『ケータイ大喜利』は、メインじゃないから。一般の方を仕切る担当だから。

桂三度:うん。

千原ジュニア:なんか、この間も、ある番組に「出てもらえませんか?」ってNHKに。「全然、出るよ、出るよ」って言って。「アレ、どうなった?」って言ったら、「無理になりました」って言われて。

桂三度:え?

千原ジュニア:何が無理かって言ったら、『凄ワザ』が木曜日、『ケータイ大喜利』が土曜日。その番組が金曜日で、3日連チャンはアカンねんって。

桂三度:ほうほう。

千原ジュニア:こんだけやってて、まだそんな隠されたルールがあんの?って。

おのののか:そうなんだぁ。

山本吉貴:帯とかの人ならエエけどってことなんですね。

千原ジュニア:うん。レギュラーとゲストでも、3日連ちゃんはアカンねんって。

おのののか:何それ(笑)

千原ジュニア:これが、月・火・木ならエエんや。

桂三度:なんか、あるんでしょうね。公平を期すために。歌手とかから来てるルールなのかな。歌手には、紅白に向けての貢献度みたいなのあるやん。歌番組出た人は、貢献度で、『紅白歌合戦』へのポイントになるって。

山本吉貴:それが溜まったらってことですね。

桂三度:それを満遍なくせなアカンから、その歌手のルールが普通のタレントにも下りてきてんのかな。

千原ジュニア:そうなんかな。

桂三度:凄いな、そのルール。真面目、さすが(笑)NHK、アイツら真面目やな(笑)

【関連記事】
南キャン山里、NHKの番組ディレクターに"ギャグ"を求められ困惑「オファー、本当に俺に来た?」

オードリー春日、中田議員の「NHKのバラエティ番組が低俗」発言に「センスがない」

南キャン山里、最高なゲスいお土産を持たせてくれたNHKラジオプロデューサー


同番組の過去記事



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

タグ : 千原ジュニア,NHK,

トップページへ  |  この記事へのリンク  |  アッパレやってまーす!
次の記事:千原ジュニア、男3人でイタリアンの店に行き店員に笑われる「ただの稲中卓球部」

前の記事:千原ジュニア、バッファロー吾郎Aと朝ドラ『マッサン』エリー役女優の仲が良いことに驚き